スポンサーリンク
翻訳 translation

内藤哲也に初勝利なるか!?7.21後楽園ホール①

あんな切り返しができるなんて、やっぱり天才!

Aブロック公式戦

YOSHI-HASHI vs 内藤哲也

YOSHI-HASHIにとって内藤哲也は同級生であり、デビュー戦の相手。

そして、今まで届かなかった背中。

後楽園のメインイベントで、その背中に手を掛けることができるのか。

開幕戦共に白星発進した両者は、この試合に勝った方が勝点4になる重要な一戦。

YOSHI-HASHIにとっては滅多にないメインイベントで、そして超えたい壁、内藤哲也に勝つため気合十分です!

試合序盤は内藤がペースを握ります。

YOSHI-HASHIの首を中心に攻め立て、デスティーノへの布石積み上げます。

すべての攻撃に余裕が感じられます。

この試合、攻めてるときも攻められてるときも、大内藤コールです!

YOSHI-HASHIコールが起きても、すぐ内藤コールでかき消されました。

ヘッドハンターがカウンターで決まると、YOSHI-HASHIが攻勢を強めます。

逆水平チョップ、ヘッドシザーズホイップ、ロープを利用した低空ドロップキックで攻め立てます。

その後ジャックナイフ式パワーボムで3カウントに迫りますが、内藤も反撃を開始します。

YOSHI-HASHIがコーナーに登ったところを、雪崩式フランケンシュタイナーで切り返すと、グロリアで追い詰めます。

デスティーノで試合を決めようとしたところを、変形サイドバスターで切り返すと、YOSHI-HASHIが特訓の成果を見せます。

G1開幕前の公開練習で、YOSHI-HASHIはキックボクシングを披露していました。

初戦の永田戦では見せていなかったので、最後まで見せないので終わるのかなと思ってました(笑)

YOSHI-HASHIのミドルキックが、内藤の顎に入ります!

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

ロープに振られた内藤がカウンターでジャンピングエルボーアタックを狙いますが、YOSHI-HASHIがコードブレイカーで迎撃します。

これには流石の内藤も面喰います!

あのコードブレイカーが計算だったら、YOSHI-HASHI恐るべしです。

すかさずバタフライロックを仕掛けると、バッククラッカー、スワントーンボムと内藤を追い詰めます!

再びバタフライロックが決めると、いつギブアップしてもおかしくないほど長く決まります。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

なんとかロープに逃れた内藤ですが、かち上げ式ラリアットでカルマで試合を終わらせにかかります。

内藤万事休すかと思われましたが、なんとカルマをデスティーノで切り返しました!

このデスティーノはカウント2.8で返されますが、すかさず正調デスティーノを決め、内藤が20分を超す激闘に終止符を打ちました。

カルマをあんな風に切り返すなんて、やっぱり内藤はプロレスセンスの塊ですね!

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

この試合敗北してしまいましたが、進化したYOSHI-HASHIが見られました。

内藤がYOSHI-HASHIの良さを引き出したとも言えますが、前より身体が筋肉質になっていますし、技のキレ、タフさ、意外性、すべてレベルアップしているように見えました。

残りのG1で更なる覚醒に期待ですね!

そして2連勝した内藤ですが、次は7.23町田でバッドラック・ファレと対戦です。

このまま3連勝してしまうのか、要注目です!

スポンサーリンク