ダリルを想う内藤哲也とミラノコレクション 

真夏の祭典『 G1 CLIMAX 』




バッドラック・ファレに引き裂かれて以来、高橋ヒロムはダリルと一緒に入場していません。

そりゃそうでしょう。

あんなにされて、一命をとりとめたとしても、集中治療室で予断を許さない状況でしょう。

新しい綿を買って、破かれた箇所を縫わなくてはなりません。

毎試合、ヒロムの腕の中には透明な何かがあるだけで、あの日以来全くヒロムらしさはありません。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

あきらかに元気もありません。

顔も無表情です。

心の傷はそう簡単には癒されることはないでしょう。

 

 

7.25ビッグパレットふくしまの第3試合で、高橋ヒロムと内藤哲也がタッグを組みました。

この日の放送席は、実況村田晴郎(以下、村田)、解説ミラノコレクションA.T.(以下、

ミラノ)。

高橋ヒロム登場から、リングアナにコールされるまで、実は放送席でこんなやりとりがありました。

 

村田:さあ、高橋ヒロムが現れましたが、その腕の中に・・・何もありません。

ミラノ:いやいや、ネコいますネコいます。

村田:えっ。

ミラノ:ネコいます。

村田:いませんよ。

ミラノ:透明なネコ

村田:いやいやいや、ダリルはもういないんですよ。

ミラノ:いや~魂がね、彼には見えてると思います。

村田:あっ、そうか。そういえばミラノさんって透明アニマルの第一人者でしたよね。

ミラノ:僕、そうですね。僕、透明の犬連れてましたから。

村田:はい、ミケーレ。

ミラノ:はい、彼が透明なネコ・・・あ~グータッチしてますね。今いるんですよ!見えないですか?

村田:残念ながら私はちょっと、おぼろげにも見えません。

ミラノ:結構ここのリングにはですね、透明な犬、透明なネコ、透明なギター、いろんな物が揃ってますから。

村田:そ、揃ってますか。

ミラノ:はい。

村田:ミラノさんからすると、ダリルはそこにいるわけですね。

ミラノ:います、います。

村田:だってミラノさんの目の前で、残念なことに。

ミラノ:まあまあ、そうなんですよね、ホントに。

村田:いますね。

ミラノ:透明なネコ、いますね。

村田:少なくとも高橋ヒロムにはいますね。内藤哲也もグーでね。

ミラノ:グータッチしてました。

村田:グータッチしてましたんで。

ミラノ:彼にも見えてます。あ~ダリルも握ってあげてますね。

村田:透明ダリルがそこにいます。福島にやってまいりました。ダリルにはどことなく冷たかった内藤哲也ですら、ダリルとのグータッチを見せましたんで、大丈夫です皆さん。ミラノさんにも見えています。ダリルはここにいます!

 

ダリルは、みんなに愛されています!

 

いつか謎の覆面レスラーが現れ、ファレの前に立ちはだかることを夢見ています。

 

本音だよ