大逆転+大逆転=大興奮!8.5エディオンアリーナ大阪

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP
真夏の祭典『 G1 CLIMAX 』




Aブロックの大混戦に比べ、Bブロックはオカダとケニーの強さが際立っていましたが、この日は大逆転で大興奮の試合ばかりでした!

この日の入場者数は、5490人札止め。

満員のお客様の後押しを受けて、選手も普段以上の何かが溢れているのかもしれません。

 

 

G1クライマックス

Bブロック公式戦 8.5エディオンアリーナ大阪

小島聡 vs SANADA

 

小島もSANADAもかつては全日本に所属していました。(小島は新日本→全日本→新日本)

前日の小島のコメントからもわかるように、SANADAとは因縁があり、絶対負けられない相手です。

小島:さあ、SANADA。いよいよだな。いよいよ、2年越しの、去年ホントはお前とやるはずだったこと、やり忘れていたこと、明日決着付けようじゃねぇか。なぁ、今の俺は簡単に倒せると思うか?SANADA、今の俺はお前にとってどういう相手に見えてる?かつての全日本プロレスの先輩後輩、それとも全く眼中に無いロスインゴと本体のただのおじさんか?どういう風に見えるんだ。お前がどう見えたって、俺にはお前が特別な相手に見えるぞ。なぁ、俺にとってのお前は、本当に特別な相手だ。いろんな意味で沢山の思い出が詰まっている。絶対明日忘れられない試合になると思う。だからこそ必ず、お前を倒す!

 

小島カッコイィ!

絶対負けられない、小島聡ならやってくれると思います!

 

実に5年半ぶりの対決。

ドラゴンスクリューの掛け合い、小島のシャイニングウィザードと今の新日本にはない攻撃を繰り出します。

お互い意識しあって闘っている感じがしますし、手の内を分かっています。

何年も戦ってないはずなのに、相手の攻撃を読みあいます。

 

試合中盤、SANADAのskull endがガッチリ決まってしまいます。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

小島に力が入らなくなったタイミングで、SANADAがラウンディング・ボディプレスを狙います。

これを受けたら終わりのタイミングで、なんとか小島はかわします。

互いの読みあいから、小島のショートレンジラリアットが炸裂します。

 

ここで大小島コール。

 

ロープに走ってきたところを、SANADAがカウンターのドロップキックを返しますが、小島は倒れません。

再度ラリアットを狙った小島をかわして、TKOの態勢から逆上がりしてのskull end!

これを切り返した小島がCCD(コジクラッシュダイナマイト)!

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

なんとかカウント2で返します。

再度剛腕ラリアットを狙いますが、それをかわしたSANADAに左腕でのカウンターラリアット!

小島は押さえ込みに入りますが、なんとSANADAはカウント1で返します。

起き上がったSANADAに対して、今度こそ剛腕ラリアットがクリーンヒット!

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

ミラノさんも一緒に

1 . 2 . 3 !

 

小島はこの夏、初勝利を挙げました!

 

小島カッコイィ!

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

場外から小島を見つめるSANADAは、何を考えているのでしょうか。

小島を見つめる意味、それは本隊を見つめているということなのか・・・

SANADAの真意は、謎のままです。

 

 

G1クライマックス

Bブロック公式戦 8.5エディオンアリーナ大阪

ジュース・ロビンソン vs ケニー・オメガ

 

ケニーにとっては、勝って当たり前の相手。

謙虚なジュースは、コンディション100%とは言えないですが、1%の勝利を信じて闘います。

 

序盤なかなかペースを掴めないケニーは、なんとロープを背に場外に向かってブレーンバスターを放ちます!

勿論、後ろにはマットが無く、場外へ転落したジュースは足から落ち、痛めている左膝を押さえます。

そしてジュースの痛めている膝を鉄柱にぶつけます。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

更に持ち上げて、机に膝から落とします。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

やっぱり場外のケニーは破天荒です(>_<)

リングインしても、ケニーの膝攻めが続きます。

ジュースもなんとか反撃を試みます。

何度もパルプフィリクションを狙いますが、逆にリバースのフランケンシュタイナーをくらってしまいます。

万事休すで、ケニーがVトリガーを狙います。

 

ミラノ:避けてぇぇぇぇぇぇぇ

 

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

ミラノさんの願いも通じず、ケニーの膝を思いっきりくらってしまったジュースは、抵抗なく肩車されましたが、片翼の天使をまさかの前方回転で丸め込み!

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

1 . 2 . 3 !

 

なんと、ジュースがケニーを下して大金星を挙げました!

 

本人が一番ビックリ!

海野レフリーに飛びつき、セコンドのヤングライオンと抱き合います(笑)

 

丸め込みの勝利ですが、190cm以上の体格で片翼の天使を前方回転で丸め込みができる。

まぐれではなく、ジュースのテクニックの賜物だと思います!

 

ジュース『ワンダーフォオ!』

 

ジュースのwonderfulが可愛くて仕方ありません。

外国人初の”癒し”レスラーですね(笑)