スポンサーリンク
翻訳 translation

新王者誕生なるか!?IWGPジュニアタッグ選手権@8.13両国国技館

G1クライマックス決勝戦の日、IWGPジュニアタッグ選手権も行われました。

ジュニアタッグの絶対王者”ヤングバックス”に挑むのは、ロス大会で挑戦表明した”ファンキーチューチャー”こと田口監督とリコシェ。

ヤングバックスに勝利し、ファンキーフューチャーを浸透させることはできるのか(笑)

IWGPジュニアタッグ選手権

王者 ニック・ジャクソン&マット・ジャクソン vs 挑戦者 リコシェ&田口隆祐

入場時、田口監督の肩に鳥の人形が乗っていました。

名前は”ルリダ”というそうですが、その後全く話題になっていません。

これからも続けるのでしょうか(笑)

いや、継続は力なりです。

Tシャツの後ろには17番の番号と、その上には”JYURINA”とプリントされています。

ハリウッドJYURINAこと松井珠理奈さんのことでしょうが、強化指定選手というよりただのファンですね(笑)

試合序盤は田口監督のおふざけに、マット・ジャクソンも付き合います。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

すぐリコシェに交代すると、ヤングバックスの二人を場外に落とし、ロープに助走をつけてサスケスペシャル(変型ケブラータ)!

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

しかし、着地の際リコシェは右足を痛めてしまいます。

序盤からこの負傷は痛手です。

監督の負担が増えそうで、ベルト奪取に暗雲が立ち込めます。

田口監督がヤングバックスを蹴散らしてからランニングヒップアタックを狙いますが、ヒップアタックは空振りに終わり、まさかの場外に真っ逆さま。

ここからヤングバックスペースになり、田口監督がリングで2対1の状況が続きます。

膝を痛めているリコシェは、助けることができません。

ニックにもマットにもアトミックドロップされ、監督のお尻は何個にも割れてしまいました(笑)

監督がなんとか自力で脱出すると、リコシェにタッチ。

しかし痛めた膝が気になるのか、いつものような軽快な動きが見られません。

ヤングバックスに膝を集中的に攻められます。

リコシェの攻撃は長く続かず田口監督にタッチすると、監督が奮闘します。

ヒップアタックでヤングバックスの二人を蹴散らし場外に落とすと、マットに三角跳びプランチャー!

ニックにはノータッチのトペコンヒーロ!

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

田口監督、今日はフューチャー感出てます!

さらにトップコーナーからダイビングヒップアタック!

スリーアミーゴ(3連続のブレーンバスター)も狙いますが、ここはカットに入られヤングバックスの反撃を受けます。

リコシェも助けに入りますが、逆にシャープシューター(サソリ固め)で痛めている膝を攻められます。

一度はロープを掴みますが、ニックがスワントーンボムでリコシェを迎撃!

再びリコシェはシャープシューターを掛けられます。

助けに入った田口監督までシャープシューターに捕まります。

リコシェがたまらずタップしそうになりますが、シャープシューターから逃れた田口監督がリコシェのカットに成功!

しかし、まだヤングバックスの攻勢は続きます。

監督が場外で倒れている間、2対1の状況が続きます。

リコシェがヤングバックスの合体技”インディーテイカー”を狙われます。

ちなみにインディーテイカーとは、マットがパイルドライバーの態勢で相手を抱え、ニックがスワンダイブで飛びつき一緒に叩きつける大技。

パイルドライバーで抱えられたリコシェにニックがスワンダイブで飛び付こうとした瞬間、なんと田口監督がスワンダイブのヒップアタックでニックを迎撃!

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

さらにマットにはどどんスズスロウン(フェイスバスターのムーブから自分の両膝を立て、相手の腹部にめり込ませる技)!

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

名前だけ聞くと、もはや何の名前なのか検討も付きません(笑)

形勢逆転したファンキーフューチャーは監督のサインで、リコシェがコーナーに上がりシューティングスタープレス!

高いィィィ!

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

監督はニックをオーマイアンドガーファンクルで捕らえ、リコシェはマットから3カウントを奪うことに成功しました。

見事、ファンキーフューチャーとしてベルトを初戴冠です!

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

そして監督はアポロ55(プリンス・デヴィットとのタッグ名)以来、実に5年振りにジュニアタッグのベルトを獲得しました。

これから最強のタッグチーム目指して歴史を作って欲しいですね♪

試合終了後、バックステージでコメント中に、田口監督があべみほさんに誘惑されます。

何度もリコシェに”Bad Idea”と助言されますが、結局騙され襲撃を受けてしまいます。

引用:タイチTwitter

引用:タイチTwitter

あべみほさんとの攻防はTwitterでも続きます。

田口監督

「監督ぅ、タグチジャパンいれてください。田口さんのタグチジャパン挿れてください」

あべみほたんの目は嘘をついてるようには見えなかったし、あの言葉は嘘をついているようには聞こえなかったよ。 

あべみほ

『そんな風に言ってません!

気持ち悪い!』

私も何度か映像を見返しましたが、『田口ジャパン挿れてください』とは言ってなかったと思うんですよね・・・

田口監督

『イッてたよ!
完全にイッてた!』

イッってないし、言ってません(笑)

スポンサーリンク