鈴木みのるがROHに乗り込む理由とNEVER無差別級に挑戦者するマイケル・エルガンの得意技紹介

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP
プロレス技紹介




9.10福島大会で、鈴木みのるが保持するNEVER無差別級の挑戦者が決まりました。

G1クライマックスでも鈴木に勝利し、最近の試合でも因縁勃発していた“ビックマイク”こと、マイケル・エルガンです。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

エルガンがこのチャンスを掴みベルトを手にするのか、それともみのるの生け贄となってしまうのか、とても楽しみなカードです。

今回はNEVER無差別級選手権に備えて、エルガンの得意技を復習したいと思います。

 

ビークブーツ

相手の顔を前蹴りで蹴る技。

フロントハイキックとも呼ばれますが、エルガンの巨大な足ならビックブーツの方がお似合いですね♪

古くはジャイアント馬場さんの16文キックと同じ技になります。

エルガン選手以外にはオカダ選手も多様する技です。

蹴り技ってちょっと向きが違うだけで、全然名称変わりますよね。

ちなみに蝶野さん前蹴りは“喧嘩キック”です。

そう言えば喧嘩キックをする選手っていないですよね…

 

バーニングハンマー

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

アルゼンチンバックブリーカー(相手を仰向けの体制で抱え上げる技)のように抱え上げ、片方の手で相手の首をクラッチ、もう片方の手相手の腰の辺りをプッシュアップし、頭から垂直に落とす危険な技。

エルガンの場合頭から落とすというより、フェイスバスターのように顔から落とします。

落とし方の違いで危険度が全然違う技なので、エルガンも多様しない技です。

 

ファルコンアロー

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

ブレーンバスターの似ていますが、相手の体の向きが自分と垂直になるように抱え上げ、自分が向いてる方に相手を背中から落とす技です。

持ち上げる遠心力を使ってお互い背中から落ちるブレーンバスターと違って、相手を腕力でリングに叩き付ける技です。

腕力に自信があるレスラーには破壊力抜群の技です。

エルガン選手がよくやるのはエプロンサイドの選手を無理矢理持ち上げ、セカンドロープから雪崩式でこの技を繰り出します。

 

エルガンボム

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

パワーボムの体制で相手を持ち上げ、その状態で一緒に180度以上横回転し叩き付ける技です。

流行りの言葉で言い替えるなら、旋回式パワーボムですね(笑)

遠心力が加わり、通常のパワーボムよりダメージが大きい技です。

エンガン選手はこれを単発で行わず、コーナーポストに投げっぱなしパワーボムを行うか、コーナーポストにデスバレーボムで叩き付けてから、立て続けにエルガンボムを繰り出します。

ちなみにデスバレーボムは仰向けに相手を担ぎ上げるアルゼンチンバックブリーカーとは反対に、うつ伏せに相手を担ぎ上げ自分の体重を乗せて相手の肩口から落とす技です。

この担ぎ方をフィシャーマンズキャリーと言います。

 

また、最近使い出したハイジャック式エルガンボム(下の絵のような持ち上げ方から繰り出すパワーボム)ですが、エンガンボムと言いつつも横回転はありません。

まあでも、エルガンぐらいパワーがないとできないから技名に“エルガン”が入っているのかも知れません。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

新日本プロレスに憧れたカナダのプロレスラーは、決して良い待遇とは言えません。

ケニーがいなければ最強外国人と言われてもおかしくないでしょう。

ケニーとの対戦成績(互角)を見れば、その実力は分かると思います。

エルガンがもっと活躍してくれることを願っています♪

 

新たらしい情報があったので追記しました⬇

実はこのNEVER無差別級選手権が終わったあと、鈴木みのるとKUSHIDAがROH(アメリカの団体で、KUSHIDAが保持しているベルトもその団体のものです)に遠征に行くことが決定しました!

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

新日本プロレスの情報の限りでは、鈴木軍の他のメンバーも行くとの情報もないので、一人でROHを荒らしに行くのでしょう。

なんで行くの?

鈴木みのるのジャパニーズヒールスタイルは絶対ウケると思いますが、行く理由はそれだけでしょうか?

本人のTwitterでこんな意味深発言をしていました。

9月にアメリカROHへ行ってくる。狙いはもちろん…アレだ。

 

ROHにあるもの?

それはCodyが保持するあれのことではないでしょうか!

 

そう、ROH世界王者のベルト!

 

先日英国遠征でCodyがSANADAとのタイトルマッチを防衛したばかりですが、そのCodyと闘うってことなのでしょう。

すぐにタイトルマッチが組まれるかどうかは分かりませんが、確実にCodyに喧嘩を売ってくるんだと思います。

折角だから“喧嘩キック”が見たいですね(笑)

個人的にはKUSHIDAと世界TV王者のタイトルマッチも見たいですが、それはまたの機会になりそうです。

ジュース・ロビンソンもCMLL(ドラゴン・リーのいるメキシコの団体)に遠征中なので、ますます新日本プロレスの選手がグローバルに活躍しそうですね♪