スポンサーリンク
翻訳 translation

逸材の役とは?棚橋弘至主演映画の詳細発表!

今年のG1クライマックス前日記者会見で、棚橋弘至選手が主演する映画が制作されるとの発表がありました。

G1後すぐクランクインするそうで、棚橋選手以外に新日本プロレス所属の他のレスラーも出演するそうです。

ちなみに現在発表されているメンバーは、オカダカズチカ、真壁刀義、田口隆祐、内藤哲也。

それ以外にも真壁選手のTwitterには、ヤングライオンと共に撮影現場に移動中の写真がアップされていました。

引用:真壁刀義Twitter

本日も映画撮影に向かうわず。

そんなにプロレスラーばかり映画ってどんなだろう?

新日本プロレスのドキュメンタリー映画?

それともレスラー達が本人役で出演するB級プロレス映画?

正直あまり期待していませんでした。

ところが

ちゃんとした映画でした!

棚橋選手及び関係者の皆さん、本当にごめんなさいm(__)m

どこがちゃんとした映画かというと

①棚橋選手にちゃんとした配役がある

②プロレスラーの父親が主人公の有名な絵本が原作

③プロレスラー以外にもちゃんとした俳優が出ている

④マニアックな内容ではなく老若男女観られる、親子の絆を描いたストーリー

まずはキャストの紹介です。

主演は勿論、棚橋弘至。

悪役レスラー“ゴキブリマスク”

として一生懸命闘う孝志役

夫の仕事を支え、息子に父の頑張ってる姿をわかって欲しいと願っている妻の詩織役を務めるのは、女優の木村佳乃さん

父の仕事を知りショックを受ける息子・祥太役を演じるのは、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で虎松役を演じる子役の寺田心くん

監督・脚本はテレビドラマやミュージックビデオなどで活躍している若手の藤村享平さんです。

引用:YAHOOニュース

続いて原作ですが、大ヒット絵本『パパのしごとはわるものです』と続編の『パパはわるものチャンピオン』です。

そして映画のタイトルは

引用:映画『パパはわるものチャンピオン』

2018年公開予定!

怪我や世代交代の波に押されながら悪役『ゴキブリマスク』としてプロレスラーを続けている父親・孝志と、学校の友達にゴキブリマスクが嫌われていることから父親に複雑な心情を抱いている息子・祥太が次第にわだかまりを解いていくというあらすじ。

悪役レスラーの父親とその息子の交流を描くストーリー。

引用:パパはわるものチャンピオン

絵本を見ると左のレスラーが棚橋選手だと思ってしまいますよね。

まさか悪役レスラー役とは思いませんでした!

でも、主役のゴキブリマスクと現在の棚橋選手の置かれている立場が少しリンクしていて、映画を純粋に楽しむだけではなく、晩年のレスラー人生を考えさせられるテーマ性豊かなストーリーになりそうな気がします。

実は、この役の為に長年伸ばしていたトレードマークの金髪をバッサリカットしました!

写真のショートカットはズラではなく地毛です。

クランクイン直後、棚橋選手がTwitter上で“断髪”before・afterをアップしていました。

引用:棚橋弘至Twitter

来年公開とのことで、また引っ張りだこでハードスケジュールな棚橋選手になりそうですが、いつかゴキブリマスクをかぶって試合に出て欲しいですね。

どんなシチュエーションがいいでしょうか?

やっぱりチャンピオンに、エアー挑戦状を叩きつける謎の覆面レスラーですかね♪

スポンサーリンク