スポンサーリンク
翻訳 translation

デスペラードの闘いたい相手とは!?”死のギター”とは?デスペの技紹介

9.16広島大会、遂にこの日を迎えました!

対戦カードは、新日本本隊と鈴木軍との全面戦争という内容に相応しいものばかりです。

どれも注目のカードですが、個人的に楽しみにしている選手は、エル・デスペラードです。

入場曲、マスクデザイン、パフォーマンス、仕草、プロレススタイル(ヒール)、個性的な技の数々など、一流レスラーの条件を満たした選手です。

ここ何年かはチャンスに恵まれず、鈴木軍でも黒子に徹していましたが、遂にシングルのベルトに挑戦するときがやってきました!

今回はそんなエル・デスペラード選手(以下デスペ)の得意技を紹介したいと思います。

スピアー

出典:新日本プロレスリング:HP

ヘビー級の中でも体が大きい選手が使うイメージが強いですが、デスペは相手がロープに走った瞬間、自分も直角に走ってカウンター技として使います。

マフラーホールド→ヌメロ・ドス

出典:新日本プロレスリング:HP

相手の足をマフラーを巻くように自分の首にかけロックする関節技。

KUHSIDA(以下クッシー)のホバーボードロックから切り返しで狙うでしょう。

さらにマフラーホールドから相手の片腕を取り、肩・背中・腰も極めるヌメロ・ドスに移行します。

出典:新日本プロレスリング:HP

クッシーは軽いのでこのまま持ち上げ、宙ぶらりんで決められてしまうでしょう。

膝にテーピングしているので、掛けられたくない技のひとつです。

ピンチェ・ロコ

出典:新日本プロレスリング:HP

リバースフルネルソンの態勢から持ち上げ、開脚しながら尻餅を突き、相手をファイスバスターのように顔から落とす技です。

いわゆる、リバースタイガードライバー。

ギターラ・デ・アンヘル

出典:新日本プロレスリング:HP

デスペのフィニッシュホールド、スペイン語で『天使のギター』。

コブラツイストの態勢から相手を持ち上げ、旋回しながらマットに叩きつける技です。

クッシーは一度この技で3カウントを奪われているので、最も警戒する技でしょう。

ギターラ・デ・ラ・ムエルタ

出典:新日本プロレスリング:HP

もうひとつのフィニッシュホールド、スペイン語で『死のギター』。

背中合わせの状態から相手を上下逆様に持ち上げ、片足をロックした状態で相手を真っ逆さまに落とす技。

受け身を上手に取れる選手じゃないと非常に危険な技の為、私も1度しか見たことありません(ちみみに飯伏幸太とのタイトルマッチ)。

序盤は激しいラフファイトを繰り広げるでしょうが、終盤で2つのフィニッシュホールドを繰り出せるかに注目です。

セコンドの介入次第でどんな展開になるか予想が付きませんが、本当の実力を示すためにも自力で闘ってくれることを願います。

それだけ実力のある選手ですから♪

また直前のインタビューでは、注目の発言をしています。

まあ、“最初にやるべき相手”はオレの中でずっと前から決まってんだよ。だけど、これはいまこの場所で言うつもりはない。

(中略)

とにかく、俺がいま闘いたい相手は日本人じゃねえし、いまここでは言いたくはない。とりあえず、広島では俺に一度負けてる、クソつまんねえチャンピオン・KUSHIDAからベルトをシッカリ頂く。すべての話はそれからだ!

普通に考えれば、ベストオブザスーパーJr.で敗戦しているボラドールJr.でしょうが、もし本当に闘いたい選手がボラドールなら隠すほどのことではありません。

BOSJで負けた借りは返すと、さらりと言えるはずです。

あえて隠す程の相手、そしてその相手は外国人。

デスペが闘ってみたいと思うほど魅力的なレスラー…

ドラゴン・リーしかいないでしょう!

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

デスペのルーツはルチャリブレ。

メキシコを主戦場にしてきたデスペにとって、未だ闘ったことのないメキシコの至宝との対戦を望むことは、至極当然のことでしょう。

仮にデスペがKUSHIDAに勝った場合、次の防衛戦は11.5エディオンアリーナ1.4東京ドーム

大舞台に相応しい相手と言えるでしょう。

また、KUSHIDAが防衛した場合、あの選手がリングインし、宣戦布告する展開になるはずです。

いずれにしても、今夜どちらが勝っても、面白い展開になることは間違いありません♪

スポンサーリンク