スポンサーリンク
翻訳 translation

IWGP挑戦権利証をリングに置いていく理由は?9.10県営あずま総合体育館

CHAOS ウィル・オスプレイ&石井智弘 vs L・I・J 高橋ヒロム&内藤哲也

内藤哲也って前哨戦の時は度々、レフリーの死角を突いて急所攻撃から3カウント奪いますよね。

一応ヒールユニットだし、その勝ち方に違和感を覚える人っていないと思います。

9.10県営あずま総合体育館でも、オスプレイ相手に急所攻撃からデスティーノで勝利をあげました。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

でもこれって内藤なりの考えがあって、急所攻撃しています。

この日の対戦相手はオスプレイと石井。

位置づけとしては、IWGP挑戦権利証防衛戦の前哨戦と、オスプレイvsヒロムの今後行われるだろうシングルマッチの前哨戦。

このカードを見たとき、豪華メンバーで誰が負けちゃうんだろうってドキドキしませんでした?

だって2対2のタッグマッチですから、石井、内藤、オスプレイ、ヒロムのいずれかはフォール負けを喫してしまいます(もしくはギブアップ負け)。

タッグマッチだとはいえ、ヒロムが石井からガチでフォール負けするところは見たくないですよね?

オスプレイが内藤からガチでフォール負けするところも、見たくないですよね?

石井と内藤がジュニア選手に負ける姿って、このタイミングで見たいですか?

見たいファンもいるとは思いますが、内藤的にはトランキーロということなんでしょう。

つまり反則攻撃で負けた相手は、実力で負けてないってことです。

どの選手も損することなく、本番への期待を残したまま、試合を終わらせる。

これが内藤哲也というレスラーの、プロレスに対する姿勢なんでしょう。

常にお客様ファースト。

石井なら空気を読まず、ガチで内藤からフォール勝ちを奪いたかったでしょうけど(笑)

それもそれで面白いです♪

後楽園ホールでも、この日の福島大会でも、内藤は試合後、IWGP挑戦権利証のアタッシュケースを置いて控え室に戻ります。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

ベルトよりは丁寧に扱っていますが、持ち帰るつもりはないようです。

自分が持って帰らなくて勝手に自分の所に戻ってくる、権利証から自分のことを求めてやってくる、今回はそんなつもりで置いてきてはいません。

なぜ、わざわざリングのど真ん中に置いてくるのか?

それは、誰でも手が届くように。

もっと言えば、他の選手が奪い取ることができるように。

内藤はIWGP挑戦権利証の防衛戦について、こんなコメントを残しています。

あとさぁ、あと、石井以外の選手はこのままでいいの?

誰も手を挙げてないようだけど、このままでいいんですか? 言ったでしょう?

俺は争奪戦、1回しかやらないからね。まぁ立候補したところでさぁ、その意見が通るのかは分からないよ。

でも、思ってることは口に出さなきゃ、誰にも何も伝わらないからね。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

内藤は防衛戦にテーマが無いから、自らテーマを作っています。

今年2連敗している石井相手に借りを返したいのは本音でしょうが、石井と今年3回目のシングルマッチが、お客様に満足してもらえるのかというのも本音でしょう。

石井との前哨戦に伏線を張りながらも、もっとお客様が考えてもみないカードの実現を望んでいます。

特にG1クライマックスBブロックの選手が、誰も主張しないことに憤りを感じています。

石井がやりたくないんだったら、別に俺は石井にこだわってないし。

ファレもそう、俺と対戦してないBブロックの選手もそう、『俺だ』と、『俺がその挑戦権利証が欲しんだ』と言う人間がいるんならね、俺は手を挙げるべきだと思いますよ。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

具体的に誰かの挑戦を望んでいるとは思えませんが、でも可能性がある選手って少ないんですよね。

ちなみにBブロックで出場していた選手は、小島、エルガン、ジュース、オカダ、矢野、ケニー、タマ、鈴木、SANADA、EVIL。

現チャンピオンと、そのベルトへの挑戦者を除き、更にメキシコ遠征中で主張が難しい小島を外すと、矢野タマSANADAの3人。

鯉にエサあげている場合じゃないですよ(笑)

フォロワー30.6千人、フォロー中0人、投稿259件 ― SANADAさん(@seiya_sanada)のInstagramの写真と動画をチェックしよう

*Instagramで、SANADA選手が鯉にエサをあげています♪

スポンサーリンク