内藤とEVILが戦いたい相手とは?ロッポンギ・3Kとは?広島大会の謎解き

出典:新日本プロレスリング:HP
雑感




9.16広島大会は、鈴木軍という嵐をギリギリのところで耐えた新日本本隊が、ベルトを死守することに成功しました。

鈴木みのるも海外遠征でいないので、当分鈴木軍という台風一家が来ることはないでしょう。

 

それはさておき、広島大会では今後の大会の布石や、選手の興味深い発言など、いろいろ興味深いことがありました。

ひとつひとつ謎を解いていきましょう!

 

①レスラー自ら募金活動

謎ではありませんが、新日本プロレスでも選手が先頭に立って高山選手の募金活動を始めました。

他団体ではすでに始めていますが、大切なことはいつ始めるかではなく継続すること。

不定期でも高山選手が動けるようになるまで、続けてもらいたいです。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

 

②ロッキー・ロメロが新しいチーム結成で、IWGPジュニアタッグに挑戦表明

IWGPジュニアタッグ選手権の試合後、海外実況席で解説していたロッキーが、リングに上りタイトルマッチ挑戦表明をしました。

俺は、新しいチームを連れて帰ってくる! それは大きくて、早くて、3000倍も素晴らしいチーム。

その名も“ロッポンギ・3K”だ

そして、近いうちにIWGPジュニアタッグ王座を奪うだろう!

出典:新日本プロレスリング:HP

 

新しいチームとは、いったい誰が所属しているのか?

ヒントは3K

普通に考えれば3人のイニシャル”K”ということかな?

頭文字でKってあまりいないけど、CHAOS所属のジュニア選手で名前にKが入っている選手って…

ロッキー・ロメロ→Rocky Romero

いないですね(笑)

ロッキーはROHにも所属しているので(詳しい契約については分かりません)、ROHの選手の中のイニシャルKを探したいと思います。(100kg未満という条件で探しましたが、全然知らない選手です)

マイク・コークラン→Michael Korklan

何年か前に新日本プロレスで活躍していた、マッド・サイダルの弟。
兄は理由があって日本に来れませんが、マイク・コークランは日本の他の団体にも参加しているので、可能性としては0でないでしょう。

以上。

もっとKが付く選手がいると思いきや、いませんでした(笑)

あとは海外遠征中の選手に、マスクマンとして登場してもらうしかないですね!

カール・~とか、ケヴィン・~とか♪

 

 

③内藤が闘い相手、そして伝えたいこと

CHAOSとL・I・Jの5人タッグマッチ後、内藤哲也がバックステージでこんなコメントをしています。

石井選手以外で、他にやりたい選手いないの?やりたい人がいるなら、手を挙げたらいいよ。

思ってることは口に出さないと、誰にも何も伝わらないよ、って俺コメントしたんだけどね、結局、誰一人手を挙げてくる選手はいなかったよ。

同じユニットでも、違うユニットでも構わない、誰か手を挙げてくれると思ったんだけどね。

もう待ってもしょうがないからね、受付終了っすよ。

 

内藤が言う同じユニットとは、当然SANADAのことですが、とにかくこのチャンスに何も発信しない選手に憤りを感じているのでしょう。

特に、ベルト非保有者でタイトル戦を控えていない選手(後藤、YOSHI-HASHI、真壁、ファレなど)のことを言っています。

今の現状に満足でなんですか?

会社が決めるカードに出場しているだけでいいんですか?

もっと新日本を盛り上げたいと思わないんですか?

 

プロの世界、チャンスなんて平等にないんです。

意見を出さないより、意見を出した方が絶対伝わるんです。

内藤の発言が響いてないとは思わないんですが…

 

 

④EVILがやらなきゃいけない闘い

今日もスペシャルな形で、超人オカダカズチカを闇に葬り去ってやったよ。どうだオカダ、熱くなってきただろ?

オレにはIWGP及び新日本支配の始めとして、1月4日東京ドームで内藤哲也とのシングルの前に

もう1つやらなきゃいけない闘いがあるんだ!

だからよぉ、是が非でも両国で、両国で、両国で!!IWGPをぶんどってやらないといけないんだ。

そこんとこよぉく、お・ぼ・え・と・けぇ。

 

もう一つやらなきゃいけない闘いって、自然に思い浮かぶのはG1で負けた相手ですよね。

初戦で負けたSANADA戦ですか?

それとも、決勝戦進出の可能性が無くなったエルガン戦ですか?

多分どちらも違うでしょう。

エルガンの可能性はあっても、SANADAの可能性は低いでしょう。

SANADAは初戦で負けたこと以外、理由ってないですよね?

決勝戦進出の可能性がなくなったエルガンにも、いずれリベンジしたい気持ちはあるでしょう。

でも、やっぱり闘いたい相手って『オメエ、ぜってぇぶっ殺してやる』って感情を剥き出しにした相手以外考えられません。

 

そう、それは…

 

ケニー・オメガです!

出典:新日本プロレスリング:HP

 

この試合がEVIL覚醒の試合でもあり、自信を叩き潰された敗戦と言っても過言ではないでしょう。

あの試合のリベンジなくしては、EVILは先に進めないのです。

戦慄の場外戦!そして戦慄の膝!8.2福岡市民体育館

 

両国はEVILにとって、絶対負けられない試合。

そしてもう一度聞きたい、あのセリフ…

 

ミラノ:エヴゥリィスィンッグだよ!お前はエヴゥリィスィンッグだ!

 

そっち!?(笑)