EVILがそこまで拘りたい理由とは?そこに存在した”感情”とは

出典:新日本プロレスリング:HP
雑感




EVIL熱が物凄い勢いで、沸騰しています。

 

昨日のブログで、EVILがやらなきゃいけない相手とは誰なのかを予想しました。

勿論、確信できる根拠はありませんが、納得できる理由があるので気になる方はこちらから読んで見てください♪

内藤とEVILが戦いたい相手とは?ロッポンギ・3Kとは?広島大会の謎解き

 

EVILのバックステージの発言は、1.4東京ドームの内藤戦を見据えての話しです。

なぜ、内藤戦の前にケニーとやらなきゃいけないのか、深堀りしたいと思います。

【深堀り】というと他の方のブログの【深○み】みたいで恐縮ですが、特に関連性もなければオマージュでもないので気になさらないで下さい。

 

 

先に言いますが、G1準優勝者だから内藤戦の前にやりたい!なんて単純な理由ではないはずです。

 

それでは、G1でのケニー・オメガ戦をEVILと内藤の立場から交互に振り返りたいと思います。

EVILはケニーと闘うハードルとして、場外でのテーブルを使ったラフファイトを計画していたはずです。

結果的にケニーから仕掛け、その攻防に競り勝ったEVILが、自滅覚悟でテーブルへの断崖式EVIL(変型大外刈り)を決めました。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

あれだけの技を事前に想定していたかどうかは定かではないですが、あの攻防で負った額への傷は、覚悟なくしてはできません。

 

一方、内藤は序盤のうちに、テーブルへのパイルドライバーを決めました。

観ていた観客は想定外の攻防でしたが、内藤本人はいたって涼しげな表情です。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

試合終盤、EVILはケニーのVトリガーをくらい、意識を失いかけてしまいます。

受ける覚悟があっても、身体は正直です。

あの衝撃に耐えれたら、もしかしたら違う結果になっていたかもしれません。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

内藤はどうでしょう?

ショートレンジの膝攻撃に耐え、Vトリガーが来るのを待っていました。

なぜVトリガーを待っていたのか?

内藤はなぜVトリガーを避けなかったのか!G1決勝で見せた戦略

 

Vトリガーの後に来るだろう片翼の天使を、内藤はデスティーノで切り返す為です。

Vトリガーのダメージを最小限にするテクニック、そしてそれを実行する勇気がなければ決してできないこと。

 

つまり、EVILにはできなかったこと、そして想像もできなかったことを、内藤はケニー相手にやって見せた。

これはジェラシー以外の何者でもありません。

ケニーに勝ってこそ、内藤と対等に試合ができる、だからまずはケニー・オメガなのです!

内藤の凄さを間近で見てきた分かる、内藤哲也というレスラーへの嫉妬。

内藤の領域に踏み込むには、ケニーを血祭りにあげるしかないのです。

 

だから、内藤戦の前にケニーと闘いたい。

そして、それを実現する為にも、両国で、両国で、両国で!オカダカズチカから2度目の勝利を挙げなくてはならないのです。

 

10.9両国でEVILがオカダを倒したその時、2017年ハロウィンパーティーはダークネスワールド一色に染まることでしょう♪

出典:新日本プロレスリング:HP