両国で、両国で、両国で!!勝つのはどっちだ!?

雑感




秋のビックイベント10.9両国国技館。

この上ない魅力的なカードが組まれました!

 

第5試合 邪道&バレッタ&YOSHI-HASHI vs マーティ・スカル&Cody&ケニー・オメガ

 

第6試合 真壁刀義&棚橋弘至 vs ジュース・ロビンソン&飯伏幸太

 

第7試合 IWGPジュニアヘビー級選手権 KUSHIDA vs ウィル・オスプレイ

 

第8試合 IWGPヘビー挑戦権利書争奪戦 石井智宏 vs 内藤哲也

 

メインイベント IWGPヘビー級選手権 オカダカズチカ vs EVIL 

 

まずは第5試合。

先日のUSヘビー級のタイトルマッチ後、YOSHI-HASHIがケニー挑戦状を叩き付けました。

ただし、現状ではこの挑戦は指示されていません。

正直、挑戦する理由が見えないし、結果が目に見えているからです。

去年のG1でケニーを破るという大金星をあげましたが、それも過去の話。

この6人タッグでお客様の想像を越えるインパクトを与えない限り、誰も納得しないでしょう。

でも、折角挑戦できるチャンスを掴み掛けているのだから、私はYOSHI-HASHI選手に凄いことをやってのけてほしいと願っています。

○YOSHI-HASHI vs ケニー×

掟破りの片翼の天使

出典:新日本プロレスリング:HP

 

 

第6試合、11.5エディオンアリーナ大阪で組まれるだろうインターコンチネンタル選手権の前哨戦。

ここは現チャンピオンの棚橋選手が、王者の闘いを見せて貰いたいです。

○棚橋 vs ジュース×

『飯伏、インターコンチは遠いぞぉ』

出典:新日本プロレスリング:HP

 

 

第7試合、IWGPジュニアヘビー選手権はまさにジュニア頂上決戦。

今年の活躍を見れば、この2人の対決がスペシャルなものになることは容易に想像できます。

正直、どちらにも勝って貰いたいですが、今回はオスプレイ選手にリベンジを果たして貰いたいです。

×KUSHIDA vs オスプレイ○

試合後、ヒロム選手乱入でオスプレイに挑戦表明しますが、またしてもグーパンチでノックアウト

出典:新日本プロレスリング:HP

 

 

第8試合、とうとう二人の舌戦は平行線のまま当日を迎えそうです。

内藤『石井がこの権利書を欲しいのか、欲しくないのか、そこが一番大事だからね。(中略)

オマエの意志を聞きたいんだよ。何度も言わせるな。さっさと答えろ、カブロン』

 

石井『俺はずっと言ってるだろ、『やってやる』って。(中略)

文句ばかり垂れてよ、行動に移さねえ。行動に移す根性すらねえんだ、アイツは。最後まで、そうやって駄々こねてろ。』

 

結局この舌戦って、普段あまり喋らない石井選手の魅力を広げ、闘争心剥き出しで試合に臨む結果になりそうですね。

当日は期待しかないです♪

1.4東京ドームのメインに立つ内藤選手が見たいけど、その内藤選手からピンフォール奪って無言で帰る石井選手も見てみたい…

いや、やっぱりあのセリフをタイミングばっちりで言って欲しい♪

○内藤 vs 石井×

この新日本プロレスの、主役は…

(溜めて溜めて)

…俺だ。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

 

メインイベントは久しぶりのIWGPヘビー級選手権!

実に7.1ロサンゼルス大会以来のタイトルマッチとなります。

今年のオカダのタイトルマッチは、どの試合も神がかっていました。

そんな超人オカダが敗れるところなんて想像付きませんでしたが、EVILが超人を越える日が来るかも知れません。

昨日スポーツ新聞のインタビューを見付けました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170926-00000022-tospoweb-fight

 

1.4東京ドームのメインでオカダカズチカと内藤哲也、どっちが勝つのか見てみたいけど、EVILが今年中に精算したい相手が誰なのかも知りたい!

いっそのこと両国でEVILが勝って、闘いたい選手の名前を出してもらって、でも11.7エディオンアリーナでオカダとリマッチ組まれ、そこではオカダがリベンジを果たす。

そんな都合のいいことは起きませんね(笑)

 

答え合わせもしたいけど…

内藤とEVILが戦いたい相手とは?ロッポンギ・3Kとは?広島大会の謎解き

 

やっぱり見たいのはこのシチュエーション♪

○オカダ vs EVIL×

試合終了後、内藤がリングに上がってオカダと相対する!

1.4東京ドームの景色が見えてきました♪

出典:新日本プロレスリング:HP