IWGP勝ち方vs超人の倒し方!EVILの奥の手とは?

引用:EVIL公式Twitter
雑感




いよいよ、10.9両国大会まで2日となりました。

引用:新日本プロレス公式Twitter

 

オカダカズチカはIWGP勝ち方を教えると豪語し、EVILは超人の倒し方はまだまだあると挑発し続けていますが、どちらが勝利の雄叫びを上げるのか?

やっぱりG1の公式戦とIWGPのタイトルマッチでは、1試合の重みも違えばプレッシャーも違います。

ここまで急成長のEVILでも、相当なプレッシャーはあると思いますが、新日本プロレスを、そして両国をダークネスワールドに染め上げる準備は万端です。

引用:EVIL公式Twitter

 

EVILの今大会に懸ける思い、そして両国の先を見据えた思いがひしひしとと伝わってきます。

果たしてどんな試合展開になるのか?

タイトルマッチ慣れしているオカダは、いつものオカダでしょう。

では、EVILはどんな試合をするのか?

過去の試合を振り返ると、EVILがどうしても勝ちたい試合が3つありました。

これが両国の闘い方のヒントになるかもしれません。

 

まず、ひとつ目は今年のG1でのオカダカズチカ戦。

宣言通り超人の倒し方を披露しました。

場外でイスを重ねてのダークネスフォールズ、レインメーカーにカウンターで合わせたEVIL(変型大外刈り)は、オカダの意表を十分に突きました。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

ふたつ目は今年のNEW JAPAN CUPの初戦で闘った棚橋弘至戦。

記者会見でも急襲し、とどめはまさかの毒霧。

あの瞬間に虚を突かれなかった人はいないでしょう。

結果、優勝候補の棚橋を1回戦脱落に追いやりました。

オカダに毒霧!?

あるかも知れません。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

みっつ目は、今年のG1のケニー・オメガ戦。

場外マットを剥がしたり、エプロンサイドで場外のテーブルに向けて、断崖式EVIL(変型大外刈り)は背筋が凍りそうでした。

結果は惜しくも負けてしまいましたが、勝つための準備をしてきたことは間違いありません。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

この3つの試合を参考に考えられることは、場外戦での荒業でしょう。

今までにないテーブルやイスを使った技で、オカダの首にダメージを与えるはずです。

しかし、これだけではIWGP王者には勝てません。

オカダも相当なダメージを受けるでしょうが、想定の範囲内です。

 

逆にEVILも、奥の手を用意してくることでしょう。

それが毒霧なのかもしれませんし、全く違うことかもしれません。

過去の試合を参考にするなら、EVILは今までしたことのない、相手が予想だにしない技をしています。

もしかしたら、オカダ戦の為に新技を用意しているかもしれません。

しかも、レインメーカーにカウンターで合わせる技。

オカダのラリアットの手首を掴み、レインメーカーの遠心力に回転を加えてマットに叩き付ける技…

 

一本背負い!?

 

両国がダークネスワールドに染まる…

何だか現実味を帯びてきました!

引用:EVIL公式Twitter