スポンサーリンク
翻訳 translation

魚沼現地リポート!交錯する二人の男の誓いとは!?

魚沼大会を現地リポートしてきました!

新日本プロレスって、都道府県いろんなところで巡業してますよね。

都会に住んでいなくても、身近で試合が見れるのがプロレスの魅力です。

でも、生観戦なんてチケット高いんじゃないの?って思ってませんか?

実は、意外と安いんですよ!

勿論、新日本オフィシャルファンクラブに入って最前列で見たいとなればお高くなります。

でも、ちょっと見てみたいな~って軽い気持ちで観に行きたい、観る席も気にしないのであれば、だいたい…

3000円代でチケット買えるんです!

でも、そんな席で観たってリングから遠いんじゃないの?って思ってませんか?

今回私が観た会場はバスケットコートが2面ほどの体育館。

席は2階席1列目。

近くないですか!

写真だと伝わりずらいですが、1階の最後尾が14,15列目だとすると、その真上です。

地方で会場が体育館ぐらいの規模(この日は1400人満席)だと、どこでも結構近いんです!

1階だと場外乱闘時選手が近くに来る可能性ありましたが、大人なので2階席で落ち着いて観戦しました(笑)

まだ観戦に行ったことない方や、行こうか迷ってる方は参考にしてください。

初心者ファンが大勢見に来ないと、会場は満席にならないですからね。

最前列でも最後尾でも、初心者ファンでもコアなファンでも、みんな同じ新日本プロレスファンです!

新日本を支えていることに、かわりないんです♪

そう言えば今回のファンクラブ撮影会はヤングライオンの岡選手と北村選手でした。

多分ふたりの写真会は初めてじゃないですかね♪

また、恒例の魚沼市長の挨拶と、新米1年分の贈呈を受けとったのは、KUSHIDA選手と真壁選手。

この辺までは選手の動きが少ないので写真もブレていませんが、試合の画像は期待しないでください…

第1試合はヤングライオンふたりと永田・中西選手のタッグマッチ。

成田選手と八木選手はブレブレの写真しか撮れず、写真UP断念。

やはり動いている人を取るには、それなりのカメラじゃなきゃダメですね。

2回目の観戦で、デジカメ買い替えを検討することになるなんて…

第2試合はKUSHIDA選手と川人選手のシングルマッチ。

バックステージで何かしらのアクションを期待していましたが、川人選手を称えるまでに留まりました。

今日のシングルマッチを見る限り、まだ海外遠征は早いかな。

両国大会語に開催されるSuper Jr.Tag Tournamentには、ふたりで出場してもらいたいですね♪

ここからはブレブレ写真が多いので、駆け足で写真アップします!

田口監督のヒップアタックから、タイチ選手の木槌は撮れなかったです(涙)

小島選手のルチャリブレ見られませんでしたが、いい意味でいつものテンコジが見れて良かったです♪

棚橋選手は直前まで風邪でダウンしていたとのことでしたが、元気な姿が見れて安心しました!

みのる選手はG1の借りを返せず、逆にテーピングでグルグル巻きに♪

写真では撮れませんでしたが、ゴッチ式パイルドライバーを行う直前に会場にウインクしていました!(パイルドライバーは未遂)

   

この度、初デ・ハ・ポン!の大合唱に参加することができました!

しかも友達と3人でなんて、いい思い出です♪

マイクパフォーマンス後、立ち去るメンバーを尻目に、内藤選手とEVIL選手はリングに残ります。

そして一瞬のにらみ合い!

そのあと拳を合わせましたが、ふたりが見据える先はひとつ…

1・4東京ドーム

見つめるふたりは

待ってるぜ………

待ってろよ………

って目で語っているようでした♪

スポンサーリンク