1.4東京ドームメインはこの二人!?勝者と敗者の行方

出典:新日本プロレスリング:HP
IWGPヘビー級選手権試合




薄氷の勝利でした。

 

IWGPヘビー級王座挑戦権利書争奪戦

石井智宏 vs 内藤哲也

 

やっぱり内藤にとって石井は相性の悪い相手でした。

何度も危ないと思う場面もありましたが、最後はデスティーノで内藤が石井を破りました!

出典:新日本プロレスリング:HP

 

試合後、倒れたままの石井を無理矢理起こそうとしましたが、ダメージの深い石井は起き上がれず、リングを転がり落ちるのが精一杯でした。

フラフラになりながら、控え室に戻りましたが、何事もないことを祈っています。

ギリギリまで追い詰められ、石井のしつこさに内藤も苛立っていたことでしょう。

しかし、バックステージでは石井を認める発言をしています。

彼が力のある選手だということは間違いのない事実だ。でもなのに彼はトップレスラーではない。(中略)

このまま2流の上くらいのレスラーで終わりたいのであれば、このまま頑固にやってろよ。

彼がトップを目指すのであれば、オレのアドバイスを聞いた方がいい。

オマエには言葉が必要だ。

これってかなりの称賛ですよね。

確かに実力的に石井はヘビー級チャンピオンになれる力を持っています。

試合後、無理矢理起こして再度デスティーノをかけるかと思いましたが、もしかしたらL.I.J(以下ロスインゴ)に勧誘しようとしていたのかも…

 

 

IWGPヘビー級選手権

オカダカズチカ vs EVIL 

 

EVILの入場、迫力満点でしたね。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

そう言えば、セミファイナルから実況放送にCHAOSの矢野通と、ロスインゴのBUSHIが座っていました。

お互い同ユニット贔屓のコメントでしたが、ちょっと殺伐としていて、いつもより緊張感のある解説に聞こえました。

 

試合は、EVIL対策をしっかりしてきたオカダが、くらってはいけない技をきっちり回避。

EVILもリバース垂直落下式DDTのような技を繰り出し、あと一歩のところまで追い詰めました。

しかし、EVIL(変型大外刈り)を狙いに行ったところ、旋回式ツームストンパイルドライバーに切り返したオカダが、正調のレインメーカーを決めEVILを破りました。

あと1歩のところまで追い詰められても、自分の技に切り返して勝つ。

これがオカダカズチカの、IWGPの勝ち方です。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

試合後、内藤登場でリングの上で両国のお客様に問いかけました。。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

両国へお集まり下さったお客様に、俺は聞きたい。

EVILを倒したオカダと、石井を倒した俺、2018年1月4日東京ドーム大会のメインイベント、IWGPヘビー級選手権試合は、オカダ・カズチカvs内藤哲也でよろしいでしょうか?(中略)

2018年1月4日東京ドーム大会まで! トランキーロ!! あ…

 

両国のお客様に、1.4東京ドームのメインがオカダと内藤でいいか尋ねたときは大声援が贈られましたが、いつもの“あっせんなよ”の大合唱をオカダに止められた時は歓声とブーイングが入り乱れてました。

 

本日、1.4東京ドームについての記者会見が行われます(12時00分から)。

果たしてこのまま素直に二人の対決が決まるのか。

それとも、また防衛戦が挟まれるのか。

まさしく、新日本プロレスの手のひらの上ですね(笑)

 

追記

1.4東京ドームのIWGPヘビー級選手権のカードが、正式に発表されました!

出典:新日本プロレスリング:HP

 

他のカードの発表が待ち遠しいですが、そこは勿論トランキーロです♪

 

そして気になるのが、両国で敗者となった石井とEVIL。

またタイトルマッチに挑戦できるチャンスを狙うことでしょうが、石井は今のポジションのままなんて勿体な過ぎます。

変わるにはどうすればいいか?

単純にロスインゴ入りなんてならないし似合わないですが、石井本人が変化を求めるんじゃないでしょうか?

CHAOSから離れる日もそう遠くないかもしれません。

 

そして、残念だったのがEVIL。

あれだけ盛り上がりを魅せたのに、超人の倒し方を見せることができませんでした。

東京ドーム前に、闘いたい相手も分かりませんでしたし…

いっそのこと、その相手から『殺りたいのは、俺なんだろって?』って言ってもらいたいですね。

日本語で!