スポンサーリンク
翻訳 translation

どうなる!?11.5エディオンアリーナ大阪!タイトル挑戦の行方<前編>

先日、11.5エディオンアリーナ大阪のチケットが完売しました。

去年より早いタイミングの完売は、純粋に去年の対戦カードより魅力的な組み合わせになったということ。

そして、他の都市よりも大阪開催が盛り上がっているということ。

年々メディアへの露出も増え、プロレスを知らなかった方でも会場に足を運ぶようになったことが、要因ではないでしょうか。

11.5大阪大会と言えば年内最後のビックマッチで、この大会中に翌年の1.4東京ドームの主要カードが決まります。

でも、どうやって決まるのか?

まずは去年の同大会を振り返ろうと思います。

2016年11.5大阪大会メインイベント

IWGPインターコンチネンタル選手権 内藤哲也 vs ジェイ・リーサル

王者内藤がベルト防衛後、棚橋が現れベルトへの挑戦を表明しました。

棚橋『棚橋になれなかった男、内藤。皮肉なモンだけどなぁ。内藤、お前が、俺の最後の希望だ。

インターコンチを懸けて、東京ドームで勝負しよう

出典:新日本プロレスリング:HP

IWGPジュニアヘビー選手権 KUSHIDA vs BUSHI

王者KUSHIDAがベルト防衛後、スクリーンに映し出された時限爆弾がカウントダウン!

『0』にあるとド派手な演出で高橋ヒロム登場で、KUSHIDAに挑戦表明しました。

ヒロム『KUSHIDA、おまえに用はねえ。俺はこのベルトに用があるんだ。

東京ドームでこのベルトに挑戦させてもらう。

KUSHIDA、おまえはかわいそうな男だよ。ドームでおまえは終わりだあ!』

出典:新日本プロレスリング:HP

SuperJr.Tag Tournament 2016決勝戦 バレッタ&ロッキー・ロメロ vs ACH&石森太二

ロッポンギバイス(バレッタ&ロメロ組の呼称)が勝利後、当時の王者ヤングバックスの名前を連呼!

「ヤングバックス、ドコデスカ〜!?」

出典:新日本プロレスリング:HP

現れたヤングバックスに対し、1.4東京ドームでのベルト挑戦表明をしました。

この大会中に、チャンピオンへの挑戦表明が行われたのは上記の3つ。

そして、そのまま1.4東京ドームでの対戦決定となりました。

では、今年の11.5大阪大会はどうなるのか。

すでに決まっている対戦カードは、次の通りです。

IWGPインターコンチネンタル選手権 棚橋弘至 vs 飯伏幸太

IWGPジュニアヘビー選手権 ウィル・オスプレイ vs マーティー・スカル

NEVER無差別級選手権 鈴木みのる vs 矢野通

SuperJr.Tag Tournament 2017決勝戦 対戦カード未決定

タイトルマッチ終了後、どの勝者が誰から挑戦を受けるのか?

実は、解せないことが2つあります。

解せないこととは一体なんなのか?

続く…

スポンサーリンク