スポンサーリンク
翻訳 translation

11.5大阪大会まであと3日!気になる今後の行方?<後編>

前回のブログで11.5エディオンアリーナの全カードと、SWITCHBLADE=ヒロム別人格が誰に挑戦表明するのか予想しました。

11.5エディオンアリーナ大阪の全カードが発表になりました。大阪大会を間近に控え、試合後の挑戦者の行方をおさらいしたいと思います。<前編>はSWITCHBLADEについてです。

私は別人格ヒロムが、新インターコンチネンタル王者(以下IC)の飯伏か、ジュニアヘビー王者に挑戦すると思っています。

Super Jr.Tag Tournamentも敗退が決まり、東京ドームでタイトルマッチに挑めるのはシングルのベルトのみ。

ヒロムが東京ドームでタイトルマッチを行わない選択肢なんて、あり得るはずがないでしょう。

ただし、現IC王者の棚橋が防衛した場合は、違う展開も考えられます。

どんな展開かというと…

ヒールターンしたマイケル・エルガンの登場です。

タイトル挑戦の行方<後編>です。IC選手権後の挑戦者が誰になるのか予想しました。あのレスラーがヒールターンするとは考えたくないのですが…

近年ずっと活躍してきたエルガンが、年内最後のビックイベントに、理由もなく参加しないなんて考えられません。

この大阪大会に参加しないイコール、1.4東京ドームでタイトルマッチに絡めないからです。

今年の東京ドーム、エルガンは何試合目だか覚えていますでしょうか?

第0試合です!

出典:新日本プロレスリング:HP

この悔しさは、来年の東京ドームで晴らしたいと思っていることでしょう。

そして、急展開で決まったUSヘビー選手権。

勝者には誰が挑戦するのか?

私はケニーが勝った場合、EVILに名乗り出て欲しいと思っています。

なぜ、EVILか?

10.9両国でのオカダ戦の前に、IWGPヘビー王者になったあかつきには、東京ドーム前にやらなきゃいけない闘いがあると言っていました。

内藤が闘いたい相手、伝えたかったこととは。そしてEVILが本当に闘いたい相手。同じユニットのSANADA?いえいえ、そうじゃないはずです。

結局オカダに破れ、EVILが闘いたかった相手が誰なのかは闇の中。

しかし、私はEVILがケニーとやる機会を、今でも狙っていると信じています。

出典:新日本プロレスリング:HP

ただし、その場合はNEVER6人タッグの防衛戦が、東京ドームでできなくなります。

BUSHISANADAはどうなるの?

NEVER6人タッグで出場する以外の可能性も考えられます。

BUSHIは11月9日に行われれるREVOLUTION PRO WRESTLING(イギリスの団体)のクルーザー級の3WAYマッチに挑戦。

仮にベルト奪取となれば、1.4東京ドームでこのベルトの防衛戦ができます。

引用:Revolution Pro Twitter

SANADAはCodyが持つROH世界王座への挑戦、もしくはNEVER無差別級への挑戦も考えられます。

今年も東京ドームでROH世界選手権が行われているので、十分可能性があります。

出典:新日本プロレスリング:HP

また、大阪大会で矢野通がベルトを奪取したら、G1のリベンジだってあり得るでしょう。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

ここにきてジュース・ロビンソンのSNSアカウント削除や、ファレやタマ・トンガが大阪大会に参加していないのもいろんな可能性を秘めています。

いろいろ予想しましたが、私の本命はSWITCHBLADE=ヒロム別人格

そして、エルガンのヒールターンです。

エディオンアリーナ大阪で何が起きるか、誰が現れるのか!

大会当日まで…

あと3日です。

スポンサーリンク