後楽園ホールの当日券観戦に挑戦!立見席最前列の確保方法<前編>

初心者の為のプロレス講座




プロレス見たいけど、チケット安くないし…

平日夜なら行きたいけど、直前にならないと行けるかわからないし…

選手の写真撮りたいけど、特リン(特別リングサイド)じゃないと他のお客様が被ったりしてうまく撮れないし…

 

そんな方、必見です!

 

トペブロ(トペスイシーダブログの略称)で後楽園ホールの当日券観戦を試してきました!

ちなみに当日券とは、当日にしか売られない東西南の後方の立ち見券のことです。

仕事帰りでお疲れだと思いますが、試合開始からメイン終了まで約2時間立ちっぱなしですが、料金がなんと…

3,500円!(中学生以下は2,500円)

 

しかも、確実に立ち見席最前列で見れる方法教えます。

新日本プロレスのオフィシャルHPでは載っていないですが、常連の人は知っているオフィシャル情報です(多分)。

 

そもそも後楽園ホールってどこって方でも、東京ドームなら知っていますよね?

引用:株式会社東京ドームHP

 

東京ドームの隣、後楽園ホールビルの5Fです!

 

では、どうすれば立見席最前列で見れるのか?

順を追って説明します。

 

①入場列の確保

後楽園ホールの非常階段5Fに、立見席専用の待機場所があります。

上記写真用に、張り紙が貼られています。

ここから階段下に向けて並ぶことになりますが、壁に張り紙を貼って場所を確保しておくことが可能です。

張り紙を貼ってしまえば、入場の17:00までに戻ってこればOK。

(ただし、張り紙を貼って場所を取る行為はオフィシャルではありません)

 

②チケット購入列の確保

入場列の次に重要なのが、チケット購入列の確保です。

後楽園ホールの当日券販売所の左手側に、先頭の張り紙があります。

入場列もチケ購入列も新聞紙等に『日にち・新日本プロレス・人数・名称』など書いて貼っておけばいいでしょう。

どちらも、朝の9:00ぐらいから貼れます。

朝来れない方でもお昼に来て貼れば、夕方並ぶよりもいい場所が確保できるでしょう。

確実にチケットを確保したい方は、16:00販売直前にこちらに戻って来てください。

平日はチケ列が簡単に売り切れることはないですが、チケ列の場所確保ができてないと、かなり並ぶことになるので待つ覚悟が必要です。

 

注意!

実は、当日券のデメリットがあります。

それは…

サイン会に参加できません!

チケット購入時間(16:00)と、入場開始時間(17:30)と時間が被るからです。

 

 

朝、入場列とチケ列の確保ができれば、確実に立見席最前列での観戦ができます。

次回のブログでは入場後、立見席にどうやって行けばいいのか?

そして、最前列でトペブロがどんな写真を撮ってきたのかお見せします!

 

See You Next トペブロ♪