スポンサーリンク
翻訳 translation

WORLD TAG LEAGUE 2017出場選手発表!

WORLD TAG LEAGUEの出場チームが発表となりました。

知らない外国人やケガから復活した選手などいろいろいますが、一番のサプライズは新日本の中心選手がいないこと。

まさかオカダカズチカ、内藤哲也、棚橋弘至、ケニー・オメガの4選手が参戦しないとは思いませんでした。

ちなみにブロック分けも発表されているので、早速ご覧ください。

出典:新日本プロレスリング:HP

出典:新日本プロレスリング:HP

4人がいなくても豪華なのは変わりませんね♪

一度くらい生観戦する予定でしたが、一身上の都合で行けそうにありません。

また、各ブロック9チームの出場を予想していましたが、例年通りの8チームずつでした。

各ブロック総当たりで闘い、各ブロックの1位同士が、12・11福岡大会で優勝決定戦を行います。

この勝者が1・4東京ドームでIWGPタッグ選手権の挑戦者になることでしょう。

私が注目するチームは…

①Aブロック ジュース・ロビンソン&サミ・キャラハン組

2014年にWWEの傘下団体FCWに所属していたジュース(当時のリングネームはCJパーカー)と抗争を繰り広げていたのが、サミ・キャラハンだったそうです(Wikipediaより)。

抗争を繰り広げていたいたので仲が良かったわけではなく、ジュース・ロビンソンのコメントからもそのような話がでています。

『ジュースのパートナーはアイツじゃないか?』って、いろいろ噂されてるのは知ってるよ。(中略)

彼は俺のことが好きじゃないかもしれない。だけど、俺はそんなことにこだわらない。

その彼とは“サミ・キャラハン”だ。勝利が計算できるヤツだ、サミ・キャラハンは。

息があったコンビとはならなそうですが、それもまた楽しみです(笑)

ただし、注目なのは会社から組まされたのではなく、自分で連れてきた(もしくはキャラハンからのプッシュがあった)という点。

178CMとヘビーとしては大きくないですが、まだ30歳という若さも魅力です。

もしかしたら、継続的な参戦があるかもしれません!

フィニッシュホールドの“ストレッチマフラー”(マフラーホールドからシングルのボストンクラブを同時に極める技)が楽しみですね♪

②Bブロック マイケル・エルガン&ジェフ・コブ組

私が期待するのは、なんと言ってもエルガン組。

先日の11.5大阪大会にも参加しなかったので、1.4東京ドームでタイトルマッチを行うにはこの大会で優勝するしかありません。

エルガンと言えば今年のG1Bブロックで唯一、ケニーから完全な形で勝利した実力があります。

以前のブログでヒールターンの可能性を示唆していましたが、変わらなきゃいけないのは見た目じゃなて“気持ち”です。

あのレスラーが9.24神戸大会から、新日本の試合に出場していません。この事実を無視するわけにはいかない理由があり、いろいろな可能性を考えました。

どんな手を使ってでも、誰が相手であろうとも勝つという強い信念が見たいと思っています。

来年こそはもっとタイトル争いに絡んで欲しいと思っているだけに、今大会の優勝予想&願望は…

エルガン&コブ組です!

スポンサーリンク