内藤が二人に託した想いは重い!?あのSANADAがコメント!

WORLD TAG LEAGUE




ここ最近の内藤哲也のコメントは、一貫してワールドタッグリーグ批判です。

 

 

内藤『こんなに注目度の低いタッグリーグ戦、いままであったの?(中略)

開幕戦で言ったでしょ、このタッグリーグ戦の成功も失敗も、すべてはSANADA、EVILにかかってんだよ。

今のとこ、史上最低のタッグリーグでしょう。

ここからどれだけ注目度を高めるか、どれだけ熱いリーグ戦にするのか、すべてはEVIL、SANADA次第でしょう。ま、彼らの腕の見せどころだよ。俺は楽しみにしてますよ』

 

内藤含め、オカダ、棚橋、ケニーが出ていないタッグリーグで、最も注目されているEVIL&SANADA組が、初戦につまずき、叱咤、激励しているのでしょう。

確かに1.4東京ドームの出場が決定した選手が出ていないということで、例年より注目度は低いです。

逆に出ている選手は、東京ドームでのタイトル挑戦という明確な目標があり、例年以上に気合いが入っていると思っています。

 

それに去年のタッグリーグをおさらいしたら、11月は全試合LIVE配信でした。

ということは、今年は12月全試合がLIVE配信♪と思い、調べてみたら…

 

9試合中最後の3試合がLIVE配信

 

えっ…

 

去年に比べ、タッグリーグのLIVE配信数が減っているじゃないですか!

 

『尻上がりに盛り上げて行こう作戦』かと思ったら、経費の節約?それとも映像班の早い冬休み?

 

そりゃ内藤だって、トランキーロじゃいられないですよ!

自分が出場すれば自力で盛り上げるすべがありますが、出れないんじゃ他力本願です。

内藤のメッセージは二人への叱咤、激励ではなく、タッグリーグを盛り上げて欲しいという…

 

“切実な想い”

 

出典:新日本プロレスリング:HP

 

こうなったら…

予想撤回です(笑)

 

トペブロでもワールドタッグリーグを盛り上げます!

 

今年の決勝はAブロック“ジュース&キャラハン組”、Bブロック“エルガン&コブ組”進出を予想していました。

いよいよ開幕!初参戦の外国人レスラーの第一印象は…

 

しかし、Aブロックは2戦目以降、破竹の6連勝でEVIL&SANADA組が決勝戦進出です。

やっぱり、それが一番盛り上がるんです!

次の神戸大会の相手は“鈴木みのる&飯塚組”。

珍しくSANADAがこの一戦にコメントしているんです。

SANADA『ヘタしたら、今回のWORLD TAGの中では飯塚選手のアイアンフィンガーが一番怖いかもしれない』

出典:新日本プロレスリング:HP

 

本気のコメントかどうかは分かりませんが、貴重なコメントには代わりありません。

明日の試合はSANADA推しです♪

出典:新日本プロレスリング:HP