スポンサーリンク
翻訳 translation

WORLD TAG序盤戦終了!ここまでの成績と今後のキーとなるチーム

WORLD TAG LEAGUE開催中ですが、全19大会中6大会が終わり、日程上は3分の1が消化しました(11・24鳥取大会まで)。

ここまで各ブロックとも2試合づつ終わっています。

まずはAブロックの成績です。

天山&小島 1勝1敗 得点2

永田&中西 2敗 得点0

ジュース&キャラハン 2勝 得点4

後藤&YOSHIーHASHI 1勝1敗 得点2

ファレ&チェーズ 2勝 得点4

ペイジ&裕二郎 1勝1敗 得点2

鈴木&飯塚 1勝1敗 得点2

EVIL&SANADA 2敗 得点0

2連勝と2連敗のチームが2チームづついます。

一番以外だったのが、EVIL&SANADA組の2連敗。

そのEVIL&SANADA組に勝利し2連勝と勢いに乗るのが、ジュース&キャラハン組です。

後藤&YOSHI-HASHI組にも勝利し、初戦の勝利が本物だったことを証明しました。

出典:新日本プロレスリング:HP

Bブロックに比べチーム力が拮抗しているので、このブロックを勝ち抜くにはおそらく得点10が必要でしょう。

ちなみに得点10ということは…

5勝2敗

トペブロ的に今後このAブロックを盛り上げるキーチームとなるのが、次の3組。

天山&小島、後藤&YOSHI-HASHI、鈴木&飯塚

テンコジ、CHAOSチームともにこれからギアを上げてくるでしょう。

不気味なのが鈴木軍のふたり。

セコンドを引き連れて来るようなら、どんな手を使っても勝利をもぎ取ることでしょう。

Bブロックも、2連勝と2連敗のチームが2チームづついます。

真壁&ヘナーレ 2敗 得点0

エルガン&コブ 1勝1敗 得点2

フィンレー&北村 2敗 得点0

ロウ&ハンソン 2勝 得点4

石井&矢野 1勝1敗 得点2

バレッタ&チャッキーT 1勝1敗 得点2

タマ&タンガ 1勝1敗 得点2

アーチャー&スミス 2勝 得点4

Aブロックと違いチーム力にバラつきがあります。

トペブロではエルガン&コブ組を推していますが、2戦目では現王者アーチャー&スミス組に完敗してしまいました。

出典:新日本プロレスリング:HP

ここまで2連勝なのが現IWGPタッグ王者と前王者のハンソン&ロウ組です。

新参チームのバレッタ&チャッキーT組にも、無事勝利を収めることに成功しました。

出典:新日本プロレスリング:HP

トペブロ的に今後このBブロックを盛り上げるキーチームとなるのが、次の2組。

石井&矢野、バレッタ&チャッキーT

まだまだ矢野らしさを出していないところも気になりますし、シングル戦では無類の強さを誇る石井もこのままでは黙っていないでしょう。

そして、未知数のチャッキーT。

11・18後楽園ホールで繰り出したフィニッシュホールド、“オーフル・ワッフル(変型パイルドライバー)”。

誰がこの大技の餌食になるのか…

11・30後楽園ホールがひとつの山場となるでしょう。

出典:新日本プロレスリング:HP

Bブロックは実力差があるので、1敗の重みがAブロックとは違います。

得点8で決勝に進める可能性もあれば、得点12が必要な場合もあるでしょう。

リーグ中盤を掻き回すチームはどのチームになるのか!

WORLD TAG LEAGUE、ここからが本番です♪

スポンサーリンク