2017年ベストバウト【ジュニア編】ヒロムvsドラゴンリー

雑感




あと1ヶ月弱で今年も終わりますが、早いものでこのブログを始めて6ヶ月経ちました!

毎日多くの方に閲覧いただき、ありがとうございますm(__)m

 

今回は今年1年間のジュニアのベストバウトを振り返りたいと思います。

実は今年行われた試合を、下記のように★で採点していました。

 

★5 新日本の魅力が詰まった試合
★5.5 年間ベストバウト候補
★6 年間ベストバウト上位
★6.5 神試合
★7 歴史に残るベストバウト

あくまで順位を付けるための物ではなく、トペブロ目線でお勧めしたい試合を星の数で表しました。

(ちなみに満点は★6のつもりでしたが、例外的にそれ以上になってしまったものもあります。)

 

まずは今年最初の衝撃から♪

 

2.11@エディオンアリーナ大阪

高橋ヒロム vs ドラゴン・リー

★★★★★★6

昨年末に凱旋帰国したヒロムに、1.5後楽園ホールの試合中に乱入して決定したこのカード。

この時はまだドラゴンリーについて知らなかったので、いきなり乱入してヒロムにトペコンヒーロ、そしてデスヌカドーラをくらわせたときは開いた口が塞がりませんでした。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

ヒロムがメキシコの団体CMLLに海外遠征したことが切っ掛けで生まれたライバル関係。

こんな選手がいたことにびっくりでしたが、まだ若い二人が異次元のプロレスをしていたことにさらに驚きました。

解説席にゲストとして座っていた外道さんのコメントもサイコーでしたが、正にレヴェルゥが違うって感じ!

危険度MAXの技の攻防と、知らない技の共演で改めてプロレスってまだまだ知らないことが沢山あるんだなと思いました。

ドラゴンリーのスパニッシュフライ

出典:新日本プロレスリング:HP

 

お互いことを十分理解して信頼しているからできる、技の数々。

これは、二人にしかできない試合です。

ヒロムのカナディアンデストロイヤー

出典:新日本プロレスリング:HP

 

二人の試合を見れば、今後の活躍に期待せずにはいられません!

そして、すぐさまドラゴンリーの虜になった私は、いつかサインを貰うことを目標に約15年振りプロレス観戦を始めることに。

そして、まさか年内にその夢が叶うなんて♪

後楽園ホールに秘密兵器投入!立見席最前列の確保方法

 

来年の東京ドームでヒロムがベルト奪取したら、また1.5後楽園ホールに出現するかもですね♪

そんな期待を込めて、来年もプロレス観戦に足が勝手に進みます(笑)

今年のジュニアのベストバウトは、勿論この試合だと思っています!