スポンサーリンク
翻訳 translation

2017年ベストバウト【ジュニア編】KUSHIDAvsウィル・オスプレイ

今回のベストバウト【ジュニア編】は、2つの試合を紹介します。

今年のジュニアを語る上で、最も重要な選手の一人です♪

トペブロお勧め基準はこちら。

★5 新日本の魅力が詰まった試合
★5.5 年間ベストバウト候補
★6 年間ベストバウト上位
★6.5 神試合
★7 歴史に残るベストバウト

(ちなみに満点は★6のつもりでしたが、例外的にそれ以上になってしまったものもあります。)

6.3国立代々木競技場・第二体育館

BEST OF THE SUPER Jr.優勝決定戦

KUSHIDA vs ウィル・オスプレイ

★★★★★★

今年、完膚なきまでに負けた屈辱を晴らすため、絶対に優勝して王者ヒロムへの挑戦権を奪取したいKUSHIDA。

かたや、初のKUSHIDA越えとBOSJ2連覇を狙うオスプレイ。

二人ともジュニアを盛り上げる、そして絶対勝つっていう想いが強すぎて、それが試合内容にも反映されてました!

オスプレイへの顔面ストンピングが、気持ちの表れですね。

なにより海外での試合も数多くこなし、雪辱を果す為に開発したフィニッシュホールドは希望を感じる技でした♪

開発した新技“バックトゥザフューチャー”

出典:新日本プロレスリング:HP

ドラゴンリーの肩車も感動的でしたね♪

出典:新日本プロレスリング:HP

10.9両国国技館

IWGPジュニアヘビー級選手権

KUSHIDA vs ウィル・オスプレイ

★★★★★5

5度目の正直に臨んだオスプレイ。

世界的にもクルーザー級(ジュニア)でもっとも高い評価を受ける試合かもしれません。

それだけの闘いができる二人です。

確かにジュニアの試合は派手な飛び技も多く、同じレスラーからも否定的なコメントが出ることもあります。

でも、この試合を見ればジュニアの試合が“ショー”ではないことに、納得してくれるはずです!

美しいブリッジを魅せるKUSHIDA 

出典:新日本プロレスリング:HP

試合終盤に見せたKUSHIDAの飛び付き式ホバーボードロックを、肩の力だけで相手のバランスを変え、変型のコンプリートショットのような技に切り返し…

上手く説明できないくらい、オスプレイは凄いですよね(笑)

解説者も説明不可能な変型のコンプリートショット

出典:新日本プロレスリング:HP

勝った本人が一番驚いていましたね♪

出典:新日本プロレスリング:HP

プロレスって最高のライバルがいて、初めてベストバウトが生まれます。

ジュニア最高峰の試合を生み出せる二人は、最も魅力的なライバル関係のひとつですね♪

スポンサーリンク