優勝決定戦は6千人規模の会場!史上最高のフィナーレで観客席は埋まるのか?WTL2017

WORLD TAG LEAGUE




6チームが勝ち点8で並ぶ大混戦となったBブロックですが、リーグ戦最終日試合が終われば優勝決定戦進出チームが決まります。

 

12・9愛媛大会

『WORLD TAG LEAGUE』Bブロック公式戦

チャッキーT&バレッタ VS デイビーボーイ・スミスJr.

チャッキー、バレッタの検討虚しく、最後はキラーボムが決まり“K.E.S”が勝点10に伸ばしました。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

『WORLD TAG LEAGUE』Bブロック公式戦

ジェフ・コブ&マイケル・エルガン VS ハンソン&レイモンド・ロウ

一進一退の攻防が続きましたが、最後はコブがロウの強力なニーアタックをくらい、合体技フォールアウトで3カウントを奪われてしまいました。

この結果、“ウォーマシン”が勝点10。

コブ&エルガン組のファイナリストに期待していただけに残念です。

これで、エルガンが1・4東京ドームでタイトルマッチに挑戦できる可能性はほぼ“0”。

最後の望みはNEVER6人タッグですが、EVIL&SANADA組がWTLを優勝すればその可能性もなくなってしまうでしょう。

2018年もエルガンにとって厳しい門出となりそうです。

 

『WORLD TAG LEAGUE』Bブロック公式戦

矢野通&石井智弘 VS タンガ・ロア&タマ・トンガ

矢野・石井組が勝てば優勝決定戦で日本人対決が実現する可能性もありましたが、矢野の金的攻撃は不発に終わってしまいました。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

最後はマジックキラーからのゲリラ・フォー・ウェアを決められた矢野が、タマ・トンガから3カウントを奪われてしまいました。

これで勝点を10に伸ばした“G.O.D”ですが、直接対決で“K.E.S”と“ウォーマシン”に勝っているので、優勝決定戦はEVIL&SANADA組と闘うことが決定!

出典:新日本プロレスリング:HP

 

あとはWTLが史上最高のフィナーレになるかどうか?

ちなみに去年の優勝決定戦は、宮城セキスイハイムスーパーアリーナ。

観客動員数は約3300人。

満員とはなりませんでしたが、BULLET CLUBに“Cody”が新メンバーとして加わる映像が流れたり、乱入した高橋ヒロムのL.I.J電撃加入というサプライズがありました。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

対して今年は、会場規模6000人クラスの福岡国際センター。

翌日に控えたシートの完売はロイヤルシートとアリーナ席のみで、1階ひな壇席、2階指定席、3階指定席はまだチケットが残っています。

去年のサプライズとEVIL&SANADAの史上最高のフィナーレに対する期待感を考えれば、まだまだチケットが売れる可能性がありますが…

この逆境をEVIL&SANADAは跳ね返すことができるのか?

優勝決定戦は、明日です♪