スポンサーリンク
翻訳 translation

IWGP USヘビー級初代王者決定トーナメント 出場選手決定!

7月に行われる、IWGP USヘビー級初代王者決定トーナメントの出場選手が、先程発表されました!

昨日の大阪城ホールで、タイトルマッチを戦ったばかりの選手も選ばれました!

まさかの人選です!

一回戦 7月1日

①マイケル・エルガン vs ケニー・オメガ

②ジェイ・リーサル vs ハングマン・ぺイジ

③ジュース・ロビンソン vs ザック・セイバーJr.

④石井智宏 vs 内藤哲也

準決勝 7月2日

【1】①の勝者 vs ②の勝者

【2】③の勝者 vs ④の勝者

決勝 7月2日

【1】の勝者 vs 【2】の勝者

まさか、内藤哲也がエントリーするとは!っていうか日本人を出場させるとは思いませんでした。

大概の人が、決勝でケニーvs内藤に期待してるでしょう。

もし内藤がチャンピオンになったら、またベルトが破壊されちゃいますよ(笑)

個人的には、今まであまり新日が保有するタイトル戦線に絡まなかったレスラーを、選んでして欲しかったです。これでケニーや内藤や石井がこのベルトを取ったら、インターコンチとNEVERのベルトと、何が違うのかわかりません(>_<)

それとUSと唄うくらいなら、体重関係なくジュニアの選手も出場させて欲しかったです。特にドラゴン・リーとか。あとジェイ・ホワイトとか。

あと、基本的には海外で防衛戦をやって欲しいです。これ以上同日でのタイトルマッチを増やして欲しくないですね。昨日の大阪城ホールみたいに、新幹線の終電がなくなって、エンディング前に解説者(蝶野とミラノコレクション)が帰っちゃいますよ(笑)

ここで気になるのが、新IWGPインターコンチネンタル王者の棚橋のケガの具合です。手に力が入らないほどのケガで、昨日より良くなっていることはないでしょう。

もしこのままインターコンチネンタル選手権をやるなら、相手は誰でしょう?

現段階で参加か決まっている選手から、もう出場する試合が決まっている選手を除いたら、このチャレンジャーが残りました!

SANADA、EVIL、ドラゴンリー

ヘビー級の選手権試合に、ジュニアの選手がエントリーするのはタブーではありませんが、EVILが最有力候補でしょう。

※挑戦者はビリー・ガン(53歳)に決定しました。どんなレスラーから全く知りません(笑)

G1 Special in USAは楽しみで仕方ないですが、個人的にはもっと変化が欲しいです!

スポンサーリンク