スポンサーリンク
翻訳 translation

新日本プロレス NEXTシリーズ 『 KIZUNA ROAD 2017 』

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

6月18日から次期シリーズ『 KIZUNA ROAD 2017 』が始まります。

注目の試合をピックアップしました。

6.20後楽園ホール NEVER無差別級6人タッグ選手権

王者 BUSHI・EVIL・SANADA vs 挑戦者 KUSHIDA・ジュース・田口

6.26後楽園ホール NEVER無差別級選手権

王者 鈴木みのる vs 挑戦者 YOSHI-HASHI

6.27後楽園ホール IWGPジュニアヘビー級選手権

王者 KUSHIDA VS 挑戦者 BUSHI

6.11大阪城ホールからの防衛戦ですが、それぞれ遺恨が渦巻いているので、どの試合も楽しみです。

6月20日に行われるNEVER無差別級6人タッグは、6月27日に行われるIWGPジュニアヘビー級選手権の前哨戦でもあります。(※6月22~6月26日までKUSHIDAのROH遠征が決まっているので。)

ベストオブザスーパージュニアでKUSHIDAに負けた借りがあるので、BUSHIは前哨戦で恥をかかせたいことでしょう。

また、6.11大阪城ホールでは、内藤とヒロムがベルト防衛に失敗しているので、現在ロスインゴのベルトはこのNEVER無差別級6人タッグのみになります。

是が非でも防衛してもらいたいですね。

6.11のNEVER無差別級選手権では、シングルマッチながら鈴木軍とCHAOSとのユニット対抗戦でした。

タイトルマッチながら、セコンド介入などなんでもありでベルトを防衛した鈴木みのる。

怒り心頭のYOSHIHASHIには、鈴木軍対策をしっかりして、自身初のベルトを獲得してもらいたいです。

そして、最も注目しているKUSHIDA対BUSHIのIWGPジュニアヘビー級選手権試合。

KUSHIDAだけには負けたくないと豪語している、KUSHIDA嫌いのBUSHI。

去年のジュニアのタイトルマッチでは、3回戦ってBUSHIが負け越しているので、次は『 絶対負けれない戦い 』です。言い方が田口監督っぽくなっちゃいました(笑)

BUSHIがどのようにKUSHIDAを攻略するのか、毒霧は噴射されるのか、永遠のライバルだから創り出せる空間に期待大です!

また、それぞれの日程でG1 CLIMAX 27の詳細が発表されます!

6月20日では、G1 CLIMAX 27 出場選手

6月26日では、G1 CLIMAX 27 A・Bブロック分け

6月27日では、G1 CLIMAX 27 各大会公式戦

6月20日まで今年のG1出場選手を予想したいですね(汗)。

間に合うかな~(笑)

http://njpwworld.com/p/o_original_0085_01

出典:新日本プロレスワールド:HP

オリジナル KIZUNA ROAD 2017 OPENING MOVIE via kwout

注:すぐ音声出ます。

スポンサーリンク