スポンサーリンク
翻訳 translation

G1 CLIMAX 27 ブロック分け決定!

昨日6月26日の後楽園ホールで、G1 CLIMAX 27のブロックが発表になりました!

先日の記事で組み合わせ予想をしましたが、どのくらい合ってるでしょうか。

Aブロック

棚橋弘至 (2007・2015年優勝)

真壁刀義 (2009年優勝)

石井智弘

後藤洋央紀 (2008年優勝)

YOSHI-HASHI

バッドラック・ファレ

永田裕志 (2001年優勝)

ザック・セイバーJr

飯伏幸太

内藤哲也 (2013年優勝)

Bブロック

オカダカズチカ (2012・2014年優勝)

矢野通

小島聡 (2010年優勝)

マイケル・エルガン

ジュース・ロビンソン

タマ・トンガ

SANADA

EVIL

鈴木みのる

ケニー・オメガ (2016年優勝)

予想結果は・・・

全然当たりませんでした(笑)

しかも、注目してた選手の組み合わせは全部逆になってしまいました。

まだまだ、新日本プロレスを分かっていないみたいです(笑)

折角発表になったので、各ブロックの注目選手をおさらいしようと思います。

まず、Aブロック

Aブロックは優勝経験者が5人。

また10回以上出場している選手が4人。

Bブロックより年齢層が高めかもしれないですね。

個人的に注目している選手は、棚橋・飯伏・内藤の3人。

三度、棚橋と内藤が戦うことになりましたが、内藤的にはここで連敗するわけにはいきません。

また、久しぶりに新日参戦の飯伏が、このふたりにどういう戦いを繰り広げるのか、非常に楽しみです。

次に、Bブロック

三度と言えば、オカダとケニーです。

Aブロックの棚橋・内藤もそうでしたが、決勝戦でこのカードが実現しないような配慮かもしれないですね。

2人以外の注目選手は、エルガン・ジュース・SANADAです。

エルガンとジュースが、オカダとシングル戦をしていた記憶がないので、どんな戦いになるのか楽しみです。

また、そろそろSANADAの覚醒を期待したいです!

ポテンシャルは一番あると思うので、Skull End(胴締めドラゴンスリーパー)以外のフィニッシュホールドを仕込んでG1に望んで欲しいです。

私の予想よりバランスが取れた組み合わせになったと思いますが、全体的にはBブロックの方が面白そうだと思いました。

また、このブロック分けを見ると、決勝のカードをAブロック→飯伏幸太、Bブロック→ケニー・オメガに期待する人も多いでしょう。

でも、私の予想はそう

『トランキーロ!あっせんなよ』です(笑)

http://njpwworld.com/p/o_original_0086_01

出典:新日本プロレスワールド:HP

あおりVTR・オープニングVTR G1 CLIMAX 27 ENTRY FIGHTER via kwout

※すぐ音声が出ます。

スポンサーリンク