オカダの次の挑戦者は誰? 次のIWGPヘビー級選手権の相手

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP
雑感




まもなくG1クライマックスが始まりますが、その前に次のIWGPヘビー級選手権の挑戦者を推測したいと思います。

防衛を重ねるごとに、タイトルマッチの期待感が大きくなり、チャンピオンのオカダカズチカのプレッシャー、またチャンピオンに挑戦する者のハードルも高くなるばかりです。

今年行われたたIWGPヘビー級はどれもベストバウトですが、そう何回も同じ相手と戦うわけにはいきません。

 

なぜこのタイミングに、挑戦者予想?

と思われる方も多いと思いますが、去年を振り返ると10.10両国国技館で、プロレスリングノアの丸藤正道選手とIWGPヘビー級選手権の防衛戦を行っています。

更に振り返ると、去年のG1で同じAブロックの石井智宏、バッド・ラックファレ、丸藤正道に負けています。

その3人から丸藤を選び、IWGPの防衛戦を行いました。

 

現在に戻ります。

今年のG1のオカダのエントリーは、Bブロックです。

ちなみに、Bブロックにエントリーしている選手は下記の通りです。

小島聡 マイケル・エルガン ジュース・ロビンソン 矢野透 ケニー・オメガ タマ・トンガ 鈴木みのる SANADA EVIL

この中でオカダと防衛戦を行っていない選手と、オカダカズチカとの防衛戦をハイレベルで行える可能性がある選手を選びました。(除いてしまった選手の方、ごめんなさい)

 

マイケル・エルガン

ジュース・ロビンソン

SANADA

EVIL

 

結構います(笑)

彼らがG1で勝つ前提になりますが、個人的にはSANADAとEVILが有力だと思っています。

 

先日のG1 SPECIAL in USAの2日目のIWGPジュニアタッグ選手権後に、リコシェが乱入してチャンピオンチームにトペ・コンヒーロを見舞います!

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

トペ・スイシーダにして欲しかった

そしてメガネだと誰だかわかりません(笑)

 

リングに戻りマイクを握ると、IWGPジュニアタッグ次期挑戦者に名乗り出ます。

そしてタッグパートナーの名は

田口監督です!

 

この試合結果は、また後日投稿します。

 

2017年下半期は田口ジャパンとBULLET CLUBの抗争になりそうです。

ということは、自然とロスインゴとCHAOSの抗争に発展するでしょう。

この抗争にテーマを見い出す為にも、G1でオカダにSANADAかEVILが土を付けなくてはいけません。

どちらが挑戦者になっても、面白い試合になると思います。

できれば先にEVILが戦って欲しいですね。

ニュージャパンカップ以来の毒霧が見たいです!

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

そして満を持したタイミングで、SANADAに挑戦して欲しいです。

オカダも凱旋帰国したばかりの時は口下手だったので、SANADAも通ずる部分があります(笑)

 

あくまで私の推測ですが、G1を違う目線から見るのも面白いと思います。

やっぱりプロレスって最高ですね♪