スポンサーリンク
翻訳 translation

棚橋弘至の新たな挑戦 インターコンチネンタルというハードル

7.2US大会のセミファイナル、インターコンチネンタル選手権は、とても不思議な試合でした。

対戦相手のビリー・ガンに苦戦するというよりも、このベルトに相応しい戦いをするにはどうすればいいか、迷いながら戦ってるようにも見えました。

IWGPヘビー級のベルトはどの時代でも輝き続ける、絶対風化しないものです。

誰がチャンピオンになっても、ベルトがチャンピオンの価値を高めてくれます。

対してIWGPインターコンチネンタルのベルトは、巻く人間によって価値が変わる不思議なベルトだと思っています。

もしかしたら、ベルトその物に価値はないのかも知れません。

そのベルトは、ただ勝利するだけでは腐ってしまいます。

常に鮮度のあるテーマを持って挑まなければ、存在価値がなくなってしまうベルトです。

生物のようなこのベルトは、非常に扱いが難しいんだと思います。

US大会でのチャレンジャーは、本当にビリー・ガンだったのでしょうか。

私には、未来の棚橋選手に見えました。

勿論、将来はブーイングを受ける選手になっているという意味ではありません。

新日本の未来を背負うエースと、元エースという立場で相対するということです。

試合中は本当に苦しそうに見えました。

そして試合後のコメントは、もっと苦しそうでした。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

オカダ、ケニー、内藤の試合はもっとも最先端の試合をしていて、3人とは全く違う試合を魅せなくてはいけないという覚悟。

そもそも、あの3人のマネができるほど、棚橋選手は器用な選手じゃありません(笑)

勿論、良い意味でです。

常に新しいことなんてできないし、失敗することだってあると思います。

迷う時は時間をおいたり、変化を求めすぎなくてもなんとかやっていけないのでしょうか。

やってやれないことは、ないんじゃないでしょうか。

棚橋選手は自分のことを不器用な選手だと言うかもしれませんが、棚橋ファンからしたら今更です!

あなたが不器用なことは、とっくに知っていました(笑)

大したことじゃありません。

新日本の常識からすれば、あたにしかできないプロレスがあることを、みんな知っています。

今更ですよ!

無理に『SUCK IT』ポーズなんかしなくてもいいんです(笑)

次の防衛戦、楽しみにしてます!

真面目な投稿にしようと思ったのに、途中からドラマのパロディになってしまってすいません(笑)

ただ、リングの中心から愛の叫びを聞きたいだけなんです。

スポンサーリンク