『そんな技くらったら、ヤバイよ!』ランキング

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP
雑感




えっ!

まさかそこから!

え~~~!

そんな技くらったら死んじゃうよ(*_*)

 

プロレスの技の中でも、肉体を極限まで鍛えあげ、何万回と受身を取り、何度も練習して出せる大技があります。

プロレスの技は、相手に体力的・精神的ダメージを与える為のものですが、決して大きな怪我をさせて相手を再起不能にする為のものではありません。

だから、どんなに破天荒な技を繰り出してもいいというわけではなく、相手がギリギリ受け身を取れる程度の大技を出せるというのは、鍛練したレスラーのみなせるものだと思います。

それを私達のような素人が見たら、『そんなのくらったら、ヤバイよ!』と思わせるのも、プロレスの技術です。

 

前置きが長くなりましたが、『そんなのくらったら、ヤバイよ!』と思う技10個を厳選し、更にMY BEST ヤバイTOP3を決めました!

基本的に新日本プロレス所属選手、または近年新日本プロレスのリングに上がった選手の技から選んでいます。

 

まずは、高橋ヒロムの

断崖式パワーボムと雪崩式カサドーラボム

雪崩式カサドーラボム  出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

断崖式パワーボムは始めて見たとき、あまりの衝撃に『そんなことしていいの!?』と思ってしまいました。

 

断崖式パワーボムとは、エプロンサイドにいる選手に、ダッシュで向かってバックを取るように飛び付きます。

その勢いでエプロンサイドから、薄いマットしかない場外にパワーボムをします。

高さもあるし、リングじゃなく薄いマットの上に落とされ、運が悪ければマットが無い床に後頭部を打ち付けます!

正直、これが一番危険な技と言っても過言ではありません。

シンプルな技だけに、誰もが危険な技だとわかりますよね。

KUSHIDAは今年の対戦で何度もくらっていて、先日のタイトルマッチでは口から泡を噴いていました!

その辺で勘弁してあげて下さい(>_<)

 

雪崩式カサドーラも見たことがない技だったので、衝撃でした。

リングの上でやったら前方回転エビ固めという技で、丸め込んで3カウントを奪う奇襲技です。

ダメージより意表を突く技です。

それをトップコーナーからやると、とんでもなく恐ろしい技になります!

初めて受けたレスラーは、上手く受け身が取れないはずです。

元に田口監督がタイトルマッチでくらったときは、上手く受け身が取れずしばらく起き上がれませんでした。

リバースフランケンシュタイナー

この技は昔からありますが、最近ではケニー・オメガがよく使います。
普通のフランケンシュタイナーなら背中で受け身が取れますが、リバースの場合頭から落下するという恐ろしい技です。
今年、ケニーと3度シングルマッチを行ってる石井智宏は、その都度この技をくらっていたと思います。
これ以上、石井の首を短くしないで下さい(*_*)

旋回式ツームストンパイルドライバー

 

今年の1.4東京ドームのケニー・オメガ戦で、オカダカズチカが初めて披露した技です。
ツームストン自体、垂直に頭から落とされる危険な技なのに、旋回式で遠心力が加わるので、くらった選手は一溜まりもありません。

ゴッチ式パイルドライバー

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

鈴木みのるの必殺技です。
最低限の力と動きで、最大限のダメージを与える技です。
足をフックしているので、リングのクッション効果もないも同然です(*_*)
決して派手さはないですが、目の前に星が回ると思います☆☆☆

ルーシュドライバー ルーシュ

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

今まで見た中で、一番危険なパイルドライバーです!
これで受け身を取れるとは考えられません(*_*)
かけられた相手も、ジェットコースター並のスリルがあります。

トップコーナーから場外へのハイフライフロー

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

他の技はスープレックス系やドライバー系のいわゆる『投げ技』ですが、ハイフライフローは『飛び技』です。
派手な棚橋弘至が宙を飛ぶんですから、一番派手な技かもしれません。
でも派手さに目がいきがちですが、かける方も受ける方もとっても危険な技です。
これを受けたときの衝撃を考えたら鼻血がでそうです(*_*)
棚橋がタイトルマッチでオカダに食らわせたときは、棚橋の前歯が1本折れています(>_<)
それでも飛び続ける勇気に、あっぱれです!
ここからはTOP3の発表です!
どんな技がランクインしてるのでしょうか♪

第3位 マスキュラーボム 飯伏幸太

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 先日のロサンゼルス大会でケニーがマイケル・エルガンに見舞った技です。
元々は何年か前のニュージャパンカップでら内藤哲也が前方回転エビ固めをしようとしたときに、飯伏幸太が食らわせた技です。
あのときは捕まえた相手を、そのまま下に落としただけです。
本能で落としただけで、まだ技じゃなかったです(*_*)

第2位 雪崩式エルガンボム マイケル・エルガン

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 これはエルガンにしか出来ない技ですし、ケニーだから信用して見舞った技だと思います。
何メートル上から落とされたか、恐ろしくて考えたくありません(>_<)
これでも立ち上がったケニーは、やっぱり物凄いレスラーです!
等々、1位の発表です!

栄えある1位は

チャラララララララララ・・・ジャン!

第1位 雪崩式タイガードライバー タイガーマスクW

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

タイガーマスクダブリューではなく、タイガーマスクダブルです。

間違えるとオカダさんみたいに会社に怒られます(笑)

 

この技は個人的に実行不可能な技だと思っていました。

かける方が先にトップコーナーに登らないとできないと思っていましたし、相手を先にトップコーナーに乗せたら落とす場所がないと思っていたからです。

受ける側からすればこれほど恐い技はないと思います。

正直、一歩間違えると

アウトです!

しかも、ヘビー級の選手同士がこの技を成功させたところに驚きです。

ていうか、成功して本当に良かったです(*_*)

 

 

皆さんが考えていた技は、ありましたでしょうか。?

残念ながら、雪崩式タイガードライバーをG1で見ることはできません。

タイガーマスクWは参戦しませんから。

タイガーマスクWの出場を予想していいただけに、非常に残念です。

あんな技、タイガーマスクWしか出来ないんだろうなぁ~♪