帰ってきた男 “ ゴールデン☆スター ” 飯伏幸太

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP
レスラー紹介




今、最も新日本プロレスへの復帰を待ち焦がれていた男と言えば、飯伏幸太でしょう。

 

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

 

以前、G1のAブロック注目カードという記事を書いたときに、2015年にNEW JAPAN CUPを優勝したこと、新日本とDDTの2団体掛け持ちで所属していたこと、長期離脱により新日本を退団したことなど書きました。

 

飯伏の魅力と言えば

 

イケメン

派手な技の数々

キレキャラ

そして

ケニーの友であり、ライバル

 

飯伏は棚橋と並び、プ女子ファンが圧倒的に多い、イケメンレスラーです。

元々ジュニアの選手だったこともあり、あまり身体は大きくありませんが、引き締まった肉体と見た目以上に腕力があります。

そして、見ていてうっとりするような技を繰り出します。

ここまでの説明だと王子様的なキャラですが、実は闘争心剥き出しの破天荒なキレキャラです。

ひと度キレたら、掌底を繰り出し、更にはグーパンチで相手の顔面を殴ります!

それは反則です(笑)

 

飯伏の試合で一番印象に残ってるのは、2015年の1.4東京ドーム。

IWGPインターコンチネンタル選手権

王者 中邑真輔 vs 飯伏幸太

あんなに本能剥き出しの戦いは普通のレスラーじゃできるものじゃないし、中邑と飯伏だったからできた試合だったと思います。

記憶に残る試合というのは、この試合のことを言うんだと思います。

出典:新日本プロレスリング株式会社:HP

2年振り3回目のG1出場は、満を持しての出場です。

そして誰もが期待するのは、ケニー・オメガとの決勝戦での再会。

飯伏は新日本を離れていた間、彼にしかできないことをしていたと思います。

ただしその間、新日本もケニー・オメガも物凄く成長してます。

ケニー・オメガも決勝で飯伏と戦えることを熱望していますが、Aブロックを1位で勝ち抜くことはとても厳しい道のりだと思います。

正直、決勝に進むのは難しいです。

でも、ケニーと大舞台はG1の決勝じゃなくてもいいと思うんです。

焦らして焦らして、1.4東京ドームで再会できるのが最高のシチュエーションではないのでしょうか!

 

まずは、内藤哲也との開幕戦です。

フェニックス・スプラッシュを封印して挑むと公言する飯伏は、新しい大技を用意しているそうです。

果たして、内藤にその新しい大技をくらわせることが出来るのでしょうか!

あと3日で、G1開幕です!

 

http://njpwworld.com/p/o_original_0086_06

引用:新日本プロレスワールド