メルボルン大会速報!オスプレイとロビーイーグルスの一戦は予想外の結末に

IWGPジュニアヘビー級選手権試合



本時間の6月29日18時から配信された、オーストラリア・メルボルン大会。

 

2日間行われるオーストラリア大会の初日はビックマッチに位置付けられ、豪華対戦カードが組まれました。

 

現地オーストラリアでは歴的な興行として開催され、日本以上に注目が高かったと想像できます。

特に、ウィル・オスプレイロビー・イーグルスのIWGPジュニアヘビー級選手権は、以前からライバル関係が存在しNJPW WORLD(ライブ&オンデマンドサービス)でもその背景が紹介されました。

以前書いた記事でも紹介しているので、2人のライバル関係の予習はこちらからご覧ください

 

 

ころで、今回のオーストラリア大会は残念ながら後日配信となっています。

恐らく2~3日後に配信されることでしょう。

LIVEで視聴するには、別途FITE TVでPPVを購入するしかありません

 

どうしてもLIVEで見たい私は、PPVを購入

ここからはメルボルン大会の試合結果と何が起きたかの解説になります。

 

つまり、ネタバレです。

 

ここから先は試合結果が分かってしまうので、見たくない方はご注意ください

 

※途中から視聴しています

▪場外のマットはリング側の半分のみ(観客席側は木の床が剥き出し)

▪解説者の帯同はなく清野さんの実況のみ

 

第5試合 ブリティッシュクルーザー級選手権

エル・ファンタズモ vs ロッキー・ロメロ

▪︎ゴング前にファンタズモがロッキーを急襲

▪︎ラメラメブルゾンのままロッキーが場外のファンタズモにトペスイシーダ

▪ここで解説に矢野通が参加

▪ニュートラルコーナーから青コーナーのファンタズモにミサイルキック(凄い飛距離)

▪ロッキーが飛び付き式旋回DDT→ファルコンアローからすかさず腕ひしぎ十字固め

(ここでストリーミングがダウンするアクシデント)

 

第6試合IWGPタッグ選手権

ジュース&マイキー vs G.O.D

▪G.O.Dのセコンドに邪道(竹刀あり)

▪マイキー・ニコルスはオーストラリアは地元とのこと

▪ジュースが花道でパイルドライバーを狙うも、タマがショルダースルーで返し大ダメージ

▪綺麗なガンスタンでジュース撃沈

レフリー巻き込みからのスクールボーイでタマがマイキーから3カウント

 

第6試合IWGPジュニアヘビー選手権

ウィル・オスプレイ vs ロビー・イーグルス

 

▪ロビーのセコンドにファンタズモ(嫌な予感)

▪オスプレイは今日も日本刀を持って入場

▪これが4度目となるシングルマッチと紹介

▪ロビーの腰にオーストラリアの国旗

ロビーには大歓声オスプレイには大ブーイング

ゴング開始すぐ、ロビーがファンタブに控室に戻るよう指示

▪ファンタブモは場外の隅にパイプ椅子に座って待機

▪ロビーがロープ越しのフットスタンプ

▪ロビーの攻撃でオスプレイが左膝を痛める

▪コーナー宙吊り状態のロビーと目の前に座るオスプレイとの打撃戦

▪トップコーナーから場外のロビーにオスプレイがトルニージョで大『ホーリーシット』コール

▪トップコーナーに上がったオスプレイに、カウンターで変型のスライスブレッド

 

25分経過!

 

▪ファンタズモがリングにイスを入れて邪魔をする

ファンタズモが邪魔に入ろうとしたところ、ロビーがトペスイシーダで迎撃

▪ターボ・バックパックからロン・ミラー・スペシャル(裏足四の字固め)

▪ロビーのスワンダイブ攻撃にオスプレイがカウンターのオスカッター

レフリーカウント中にファンタズモが足を引っ張り、海野レフリーが場外に

▪ロビーが倒れている間に、ファンタズモが介入しオスプレイを襲撃

▪ファンタズモのベルト攻撃をロビーが阻止

 

30分経過!!

 

▪エルボーの打ち合い

▪オスプレイのエセックス・デストロイヤー

▪オスプレイのシューティングスタープレスを、ロビーがカウント1で返えす

▪最後はヒドゥンブレイドからのストームブレイカーでオスプレイの勝利!

 

▪とんでもない試合内容に観客はスタンディングオベーション

▪オスプレイがロビーに手を差し出す

▪ファンタズモがそれを阻止

ファンタズモのウルフポーズの催促にロビーがエルボーでKO

ロビーがオスプレイの握手に応じる(CHAOS入りか?)

 

続きは後報します。

 

【追記】

 

第7試合スペシャルタッグマッチ

ファレ&ジェイ vs オカダ&棚橋

▪大『オカダ』コールの後に本人登場で、会場は割れんばかりの歓声

▪ジェイ・ホワイトにはブーイング、棚橋弘至には『GO ACE』コール

試合はオカダと棚橋のツープラトンのブレインバスターが飛び出し、オカダがファレをレインメーカーで下しました。


リングに1人残ったオカダはマイクで『オーストラリア』、『メルボルン』と叫び、英語で新日本の試合はどうだったかと観客に投げかけました。

直後の『BEST in the WORLD』コールには、『YES , I am』とアピール。

 

この直後に暗転し、ここで配信終了です。