内藤がマイクスタンドを破壊した理由

雑感



旗揚げ記念日の内藤哲也の制御不能ぷりっていったら、凄かったですね!

試合終盤から小狡い攻撃にシフトしたタイチに対し、制御不能な内藤哲也を思い出したんだと。

 

しかし、試合後の内藤選手のコメントを聞いて、そういうことだったんだと気付きました。

マイクスタンドでの攻撃、そして破壊の暴挙には意味があったということに…

 

内藤『何か、覚悟というか、“ 何か変わるチャンスなんだ ”と、“ 変わらなくちゃいけないんだ ”って気持ちはね、チラッとは感じましたよ。

会場のお客様も感じたんじゃないですか、チラッとはね。

でもさぁ、ただ単に体重を増やせばいいとか、そういう問題じゃないんだよ。 そういうのを俺は見たかったんじゃないんだ。お客様もそうでしょう?

そういうタイチを見たいがために、今日、大田区総合体育館に来たわけじゃないんだよ。

何かちょっと勘違いしてるのかな。

(中略)

せっかくのチャンスなんだ、何かもっと思い切ったことを、彼にはしてほしかったっすね。

まぁ、最初にも言ったけど、心意気は伝わってきたよ。

ダメージもありますよ。

でもその程度じゃ、今の俺には勝てないぜ。そして今の新日本プロレスには、何のインパクトも残らないぜ。』
引用:新日本プロレス

 

内藤哲也がマイクスタンドを破壊した理由は、このコメントが全てですね。

 

一言でいうと…

ジュニアと同じ闘い方なら、ヘビーに転向した意味ないんじゃないの

 

同じ戦い方ならジュニアのままでも見せれるし、変わりたくてヘビーに転向になったんじゃないのかという、内藤のメッセージでしょう。

ジュニアに比べ、ヘビーはベルトも多く出場できる大会も多いので、選手にとってチャンスは多い。

しかし、その分ヘビーの選手層は厚いし、他団体から参加する外人レスラーもヘビー級が多いのが現状。

 

ただキャラが濃いだけなら簡単に埋没してしまう。

ヘビーの第一線に加わりたいなら、強さに加え新たなインパクトが必要。

 

新しいことをチャレンジをするのに、もうマイクなんて必要ないだろ、カブロン!』

そんな声が聞こえてきそうです。

 

そして、タイチ本人はどう受け止めたのか?

『内藤、これで分かったよ、これで分かった……。

ヘビー級での、ヘビー級での闘い、教えてくれてありがとうよ。

ハハハハハ!

引用:新日本プロレス

 

確かに内藤の言葉が響いたようです。

もしくは、内藤から新しいマイクの使い方を学んだということなのか…

 

ヘビー級転向2戦目は、早くもNJC出場。

そして、その相手は新日本のエース“棚橋弘至”。

 

このコメントからも、NJCでは新しいタイチが拝めるかもしれない。

90%無いと思いますが、NJCでタイチと内藤が決勝まで勝ち上がって、3度目の正直で内藤に勝つ!

もしこんなことが起きたら、今年一番の盛り上がりになること間違いないですね♪