【緊急予想】ニューイヤーダッシュでベルトに挑戦表明する選手は誰…

“独り言考察”




本日、後楽園ホールで行われるNEW YEAR DASHの対戦カードを予想していましたが、レッスルキングダムでベルト挑戦表明する選手が現れ、再度頭をリセットして考える必要がありそうです。

一度、対戦カード予想は発表しているので何度も予想を発表することは無粋でしょう。

ここはシンプルに、現チャンピオンに誰が次の挑戦者として名乗りを挙げるのか考えてみました。

 

IWGP USヘビー

昨日、ジュース・ロビンソンが奪取したこのベルトに、早速バレッタが挑戦表明しています。

 

恐らく本日の試合で、改めてリング上でバレッタが挑戦表明することでしょう。

これに割って入るのは…

チャッキーT

 

バレッタを蹴散らし、ジュースにパイプ椅子を攻撃し、ベルトを強奪する展開になると予想します。

 

IWGPインターコンチネンタル

実はこのベルトを内藤哲也が戴冠した場合、codyが試合直後に急襲し、ベルトに挑戦表明するものだと思ってました。

理由はAEWにロスインゴメンバーを呼びたいため。

 

しかし、codyはもう新日本のリングに上がらないかもしれません。

https://twitter.com/CodyRhodes/status/1081201198269530112

“Thanks Japan, see ya’ soon.”(ありがとう、日本。またね)

 

では、内藤が持つインターコンチの挑戦者に誰が挑むのか?

Twitterでタイミングよく呟いたタイチなのか?

 

私は、EVILだと予想します。

 

2017年に当時オカダカズチカが持っていたIWGPヘビー級のベルトに挑戦するEVILが、こんな発言をしていました。

オレにはIWGP及び新日本支配の始めとして、1月4日東京ドームで内藤哲也とのシングルの前にもう1つやらなきゃいけない闘いがあるんだ!

引用:新日本プロレス

これはG1を優勝した内藤が東京ドームでの挑戦権利証を持っていたことから、オカダを倒し内藤と闘いたいと言った発言です。

結局、【もう1つやらなきゃいけない闘い】の相手は分かっていませんが、タッグのベルトを手にしたEVILの次の狙いはシングルのベルト。

いつか越えたい相手である内藤に挑戦表明すれば、内藤も素直に受け入れることでしょう。

私は内藤対EVILのタイトルマッチが見たいです。

 

IWGPヘビーとNEVER無差別級

今夜の後楽園ホールのメインで再び棚橋弘至ウィル・オスプレイがタッグを組むと思っています。

その場合は、4~5人のタッグになるでしょう。

試合後、すでに挑戦表明しているジェイ・ホワイトが現れると思っています。

勿論、その理由はIWGPヘビー級のベルトに挑戦表明するため。

しかし、そのジェイを含めたリング上すべての選手を急襲するユニットが現れると思っています。

 

それが…

鈴木軍

 

1・4東京ドームで第0試合という屈辱を味わった、鈴木みのるの心中がすべてでしょう。

『おい、おい、おい、新日本よ。棚橋よ、ケニーよ。オカダよ、ジェイよ。全方位、俺たち以外全員に告ぐ! 

鈴木軍の逆襲、この第0試合から始まる

てめえら覚悟しとけよ。俺たち鈴木軍、一番!』

引用:新日本プロレス

 

オスプレイが持つNEVER無差別級のベルトには、タイチがリマッチ要求。

棚橋が持つIWGPヘビー級のベルトには、鈴木軍の誰かが挑戦することでしょう。

 

これは私の願望ですが、鈴木軍に1人新しい仲間が欲しいと思っています。

該当する選手がいる訳ではありませんが、2019年鈴木軍が逆襲を企てるのならもうひとり必要になるでしょう。

 

ちなみにIWGPヘビー級に挑戦表明しているクリス・ジェリコですが、今夜の後楽園ホールには現れないと思っています。

もっと効果的なタイミングで、新日本プロレスのファンの意表を付くことでしょう。

 

あくまで私の妄想であり憶測ですが、こんな展開いかがでしょうか…