BEST OF THE SUPER Jr.24 5/31② Aブロック最終戦@エディオンアリーナ大阪




ベストオブザスーパージュニア(以下BOSJ) Aブロック最終戦の試合結果!

 

獣神サンダー・ライガー VS タイチ

ゴング前からタイチがライガーを襲撃!試合開始前にタイチがまさかのマイクパフォーマンス!セコンド(デスペラードと金丸)介入で公式戦とは思えない無秩序状態で、ライガーのマスクとコスチュームが大変なことに!そこへ本体のKUSHIDAと田口監督が救出し、デスペラードと金丸の排除に成功。タイチのイス攻撃を浴びせ蹴りで返し、投げっぱなしライガーボム→垂直落下式のブレーンバスターで怒りのライガーが3カウントを奪った!

ライガー勝点0→2 タイチ勝点8のまま

 

ドラゴン・リー VS TAKAみちのく

今大会注目NO.1のドラゴンリー。個人的にもドラゴンリーに優勝して欲しいと思っていたが・・・TAKAの強力なジャンピングスーパーキックからのみちのくドライバーⅡでフォール負け。みちのくドライバーⅡエグ過ぎる・・・

ドラゴンリー勝点8のまま TAKA勝点2→4

 

リコシェ VS マーティー・スカル

序盤から激しい試合で、お互いの持ち味を出しまくった展開に。チキンウィングフェイスロックを仕掛けようとするスカルに対し、何度も耐えたリコシェだったが、最後はチキンウィングフェイスロックががっちり決まり、リコシェのギプアップ負けとなった。BOSJのベストバウトの1つになる、いい試合だった!

リコシェ勝点8のまま スカル勝点6→8

 

ウィル・オスプレイ VS 高橋ヒロム

メインイベントとなったこの試合。他の試合で勝点10の選手がでなかったため、この試合の勝者がAブロック代表となる。試合開始早々からフルスロットルの攻防が始まり、まるで2.11のヒロムVSリーの試合のようだった。ハードスケジュールの疲れを感じさせない激しい展開となったが、オスプレイの変型のスパニッシュフライが高角度で決まり、最後はオスカッターで3カウントが決まった。

ヒロム勝点8のまま オスプレイ勝点8→10

Aブロック代表は、ウィル・オスプレイに決定!!