DDTプロレス後楽園大会でケニー・オメガからのメッセージ

DDTプロレスリング




昨日行われたDDTプロレス『Into the Fight 2019』で、ある男からのメッセージが届くというサプライズがありました。

皆さんご存知のあの男です。

 

先日、日本人レスラーとして初めてAEW加入が発表された中澤マイケル。

そのマイケルの壮行試合が後楽園大会で行われ、試合終了後に行われた卒業セレモニーでケニーのメッセージ映像が流れました。

このサプライズでケニーは、いつかDDTのリングに上がる可能性を示唆しています。

『僕自身も、ザ・クリーナー、そしてベストバウトマシーンとして活躍する前のDDTで過ごした日々を大切に思っている。DDTのみんなのことも忘れていない。だからここで一つ、僕は喜ばしいことを発表したい。

中澤マイケルはAEW所属であるが、ずっとDDTにも籍を残したままでかまわないということを。

つまり、これからもDDTファンのみんなは中澤さんをまた見ることができるし、ひょっとしたらこの僕もいつかは…?

ではみなさんその時まで…グッドバイ、グッドナイト!BANG!』

引用:DDTプロレスリング公式サイト

 

また、メインイベントで行われたDDT EXTREME級選手権3本勝負の2本目「テレフォンデスマッチ」では、こんなハプニングもありました。

※試合をしながらスマホで通話をし続ける。3秒以上会話が途切れたほうが負け

 

お悩み相談で入電したマイケルが仲のいい友達二人の間で板挟みになっていると激白。

一人はアメリカで会社を興し、もう一人は日本に残ってやることがあるという…

詳しくはDDT公式ホームページをご覧下さい。

 

映像メッセージだけでもサプライズなのに、意味深な発言もケニーファンを歓喜させたことでしょう。

勿論、新日本プロレスのリングに上がるケニーを見たいですが、古巣であるDDTのリングに上がるのであれば多くのケニーファンが駆けつけると思います。

日本にいなくてもケニーと繋がっていると感じたのは、私たけではないでしょう。

 

私も現在他団体のプロレスを観戦しに行っていますが、いずれDDTにも行きたいと思っています。

国内外問わずプロレス業界が繋がり始めた今、どので何が起こるか分かりません。

予想もしないサプライズに期待したいと思います。