ケニー・オメガが再び日本に帰ってくる!KENNY OMEGA is COMING BACK!

DDTプロレスリング




期待できる発表がある予感がしたんです。

“あの男”が再び日本に戻ってくる予感が…

 

2019年の新日本プロレスの1・4東京ドーム以来、日本を離れAEWを主戦場にしてきたケニー・オメガ

昨年末にはDDTにスポット参戦しており、今年もどこかのタイミングでの参戦を期待していました。

そろそろケニーの匂いがしそうな気がしていましたが…

 

今まであまりリアルタイムでDDTプロレスリングを見てこなかった私ですが、今回ばかりは予感めいたものを感じ、AbemaTVで行われた後楽園ホール大会「Into The Fight 2020」を初めてライブ視聴。

この日はメインイベントにKO-D無差別級選手権試合、セミファイナルに新設された初代DDT UNIVERSAL王座決定戦が行われました。

特別な大会には特別な発表が付きものでしょう

 

視聴は第3試合から。

「俺たちはファミリーだ的な6人タッグマッチ」終了後、6・7さいたまスーパーアリーナで行われるビッグマッチにプロレスリング・ノアの丸藤正道、センダイガールズの里村明衣子の参戦が発表されました。

さらには、この日参戦したSTRONGHEARTSのCIMAT-Hawkエル・リンダマンの参戦も決定。

STRONGHEARTSの3人は直近でAEWに参加していただけに、ビッグマッチの参戦決定は様々な可能性が広がることでしょう。

 

セミファイナルで行われた初代DDT UNIVERSAL王座決定戦では、クリス・ブルックス竹下幸之介を丸め込みから3カウントを奪って勝利。

今後、クリスがどんなベルトに染めるのか注目が集まります。

 

メインイベントではKO-D無差別級チャンピオンの田中将斗が、先日までイギリスで武者修行をしていたMAOの挑戦を退け初防衛に成功しました。

試合後、挑戦者が現れないと田中が次の挑戦者に竹下を指名。

3・20後楽園大会でのKO-D無差別級選手権試合が決定しました。

 

このまま終わると思われた後楽園ホール大会でしたが、最後の最後に私の予感が的中します。

そう、今年初めての日本参戦となる…

ケニー・オメガのさいたまスーパーアリーナ大会参戦決定

 

昨年、11・3両国国技館大会に参戦したケニー・オメガ。

 

現段階ではどんな対戦カードが組まれるか分かりませんが、ケニーファンにとっては日本に来日するだけで十分なビッグニュースになったことでしょう。

昨年の両国国技館大会後の会見では、竹下幸之介と遠藤哲哉に辛辣なエールを送っていました。

『昔からのファン、新しいファンの前で試合できてうれしかった。懐かしい面々の試合を見るのは楽しかった。

新しい若者たちがどう変わっていたかに関心があったけど、竹下や遠藤には「興味深いね」くらいしか言うことはない

身体的な変化は感じたけど、ハートは感じられなかった。DDTファンの心すらつかんでいないのが昨日明らかになった。竹下は大きくなってる。遠藤もボディービルダーに見紛えるような体型になっている。

でもリング上は何も変わっていない

私は世界中のエリートたちと闘っている。アメリカで闘っている選手と同等に比べるのはどうか。彼らがIWGPとか獲れるのか? 東京の外に出てどれだけ認知度があるのか。HARASHIMAはスターだけど』

『今やったとして、彼らが絶対に勝てないとは言わない。

でも今、竹下や遠藤とやっても、DDTファンに見せたくないものを見せてしまう。

私はDDTが大好きだから、そういうことはしたくない』

引用:DDTPRO-WRESTLING

 

竹下も遠藤もチャンスがあれば闘いたいと語っていましたが、今年その願いが叶う可能性もあるでしょう。

6月の参戦までにケニーからメッセージが届く可能性もあるでしょうし、いつ対戦カードが発表になるかも楽しみです。

 

6月7日さいたまスーパーアリーナ大会のチケットは、既に各種プレイガイドで発売中です。

 

昨年辛辣なメッセージを贈った竹下と遠藤と闘うことになっても面白いでしょうし、ストロンハーツのT-Hawk、NOAHの丸藤との対戦もドリームカードになることでしょう。

誰が相手でも、どんな試合になってもケニーを堪能できる試合になると思います。

今回の参戦もスポットとなるのか、それとも点が線に繋がるのか…

いずれにしても、今年6月のケニー・オメガ参戦は決定です