強気の日程から考えるベストオブザスーパージュニア出場選手予想

“独り言考察”



ニューヨーク、マディソン・スクエア・ガーデンで行われた新日本プロレスとROH合同興行が終わったのも束の間、次のシリーズの全対戦カードが発表となりました

主要対戦カードと日程はご覧の通りです。

 

4・20『SENGOKU ROAD』愛知大会

IWGP USヘビー級選手権

ジュース・ロビンソン vs バッドラック・ファレ

IWGPインターコンチネンタル選手権

飯伏幸太 vs ザック・セイバーJr.

※この日からドラゴン・リーが参戦

 

4・22『Road to レスリングどんたく』後楽園大会

NEVER無差別級6人タッグ選手権

田口隆祐&矢野通&真壁刀義 vs ヒクレオ&タンガ・ロア&タマ・トンガ

スペシャルタッグマッチ

ドラゴン・リー&後藤洋央紀 vs 石森太二&ジェイ・ホワイト

 

4・23『Road to レスリングどんたく』後楽園大会

スペシャルタッグマッチ

YOH&オカダカズチカ vs BUSHI&SANADA

※ベストオブザスーパージュニア26(以下BOSJ)出場選手発表

 

4・23『Road to レスリングどんたく』後楽園大会

スペシャルタッグマッチ

SHO&オカダカズチカ vs 鷹木信悟&SANADA

 

4・26『安芸の国 戦国絵巻』広島大会

IWGPジュニアタッグ選手権

SHO&YOH vs 鷹木信悟&BUSHI

※この日からジェフ・コブ参戦

 

4・29『レスリング火の国』熊本大会

IWGPタッグ選手権

矢野通&真壁刀義 vs タンガ・ロア&タマ・トンガ

スペシャルシングルマッチ

後藤洋央紀 vs ジェイ・ホワイト

 

5・3『レスリングどんたく』福岡大会

スペシャルタッグマッチ

石井智宏&オカダカズチカ vs EVIL&SANADA

NEVER無差別級選手権

ジェフ・コブ vs タイチ

IWGPジュニアヘビー選手権

ドラゴン・リー vs 石森太二

 

5・4『レスリングどんたく』福岡大会

タッグマッチ

ウィル・オスプレイ&ドラゴン・リー vs  “X”&石森太二

スペシャルシングルマッチ

石井智宏 vs EVIL

IWGPヘビー級選手権

オカダカズチカ vs SANADA

 

5・4福岡大会の石森のパートナー“X”の正体は、恐らくエル・ファンタズモです。

NEW JAPAN CUP(以下NJC)開催中に謎のVTRが流れてましたが、その正体にエル・ファンタズモ(以下ELP)が有力視されています。

 

BOSJ前哨戦となる試合でもあり、ELPお披露目となる試合になるでしょう。

 

 

の発表で私がもっとも注視したのが、4・23後楽園大会でお披露目となるBOSJ参加選手発表です


公式戦の日数は昨年より1日多い15日間。

※昨年も一昨年も14日間

レギュレーションも前年同様でA、Bブロックに分かれ、総勢16人の出場選手になるでしょう。

 

そして、BOSJ決勝戦の舞台は史上初の両国国技館大会となります

 

しかし、決勝戦の日は水曜日の平日

また、昨年の休日開催が6日間に対し、今年は3日間しかありません。

恐らく、BOSJの決勝の舞台を両国に決めた(もしくは変更)時期が遅かったから、休日の会場を抑えられなかったんだと予想しています。

 

日程だけで言えば、ネガティブな要素が強い今回のBOSJ。

それでも決勝を両国にする強気な姿勢だということは、それだけのメンバーが揃っているということでしょう。

 

ということで、私が予想するBOSJ出場選手全16人はこちらになります。

 

【当確】10人

タイガーマスク、田口隆祐、SHO、YOH、金丸義信、エル・デスペラード、BUSHI、鷹木信悟、ドラゴン・リー、石森太二

【有力】3人

髙橋ヒロム、エル・ファンタズモ(初出場)、バンディード(初出場)

【微妙】3人

CMLL枠(初出場)、フリップ・ゴードン、ウィル・オスプレイ

 

昨年出場したマーティー・スカルとフリップ・ゴードンは参加しないと思っていましたが、フリップのこのツイートを見て出場の可能性を感じました。


“Tokyo Dome”とは勿論、1・4東京ドーム大会『レッスルキングダム』のことでしょう。

しかも来年はダブルドームで行われるため、出場の可能性も高まります。

日本での人気も高いだけに、2年連続の出場もあるかもしれません。

恐らくROHの残り1枠は、ジョナサン・グレシャムロビー・イーグルスと争うことなるでしょう。

 

一番微妙なのは、オスプレイがBOSJに出場するかどうか。

MSG大会後のバックステージでは、ヘビー級転向を匂わすコメントをしています

 

ただし、5月4日に組まれたカードはドラゴン・リー、“X”、石森と全員BOSJに出場予定選手です。

今回のBOSJに参加しないのなら、このような対戦カードは組まれないと思っています。

オスプレイがNJCで高めたジュニアの価値は、BOSJに出場してこそ補完できるものでしょう。

今回のメンバーと闘うオスプレイが見れることを、願うばかりです。

 

 

結果的にメンバーを見たら順当な選手ばかり揃いましたが、平日開催の多さと決勝戦が両国国技館ということを考えれば、まだ見ぬサプライズ枠があるのではと思っています。

恐らく皆さんも何人か候補がいるでしょう。

その選手のスケジュール等確認して、メンバー発表まで記事にしたいと思います。