両国大会の疑問とドミニオンで起こるだろうサプライズを考察

“独り言考察”




スト・オブ・ザ・スーパージュニア(以下BOSJ)が盛り上がる一方、気になる対戦カードがあります。

それは、BOSJ決勝戦が行われる両国国技館で組まれたスペシャルシングルマッチ。

 

棚橋弘至 vs ジェイ・ホワイト

怪我からの復帰戦でジェイと闘うには、リスクがあります。

復帰すぐにIWGPを狙いたい棚橋と、列の最後尾にならべと命令するジェイの一戦は必然なのか…

 

この試合に勝った勝者は、6・9大阪城ホール大会でオカダカズチカ vs クリス・ジェリコの勝者に挑戦状を突き付けるのかもしれません。

しかし、この2人の対戦は時期早々だと思えてしまうのです。

このタイミングで2人が闘うことに、何かしら別の理由が存在するのか…

 

 

して、もう一つ他の疑問もあります。

6月9日のドミニオンでジェリコとIWGPヘビー級選手権を闘うオカダは、今シリーズは全く試合が組まれていません

可能性として残されるのは、BOSJ決勝戦である両国大会に出るかどうかでしょう。

 

つまり…

クリス・ジェリコが襲撃するタイミングが無いということ

 

仮に6・5両国大会でオカダの試合が組まれれば、ジェリコの急襲を考えるファンは多いでしょう。

どんな方法かは別にして、試合の前なのか後なのか、何かしらの方法でオカダを襲うと…

 

そんな急襲バレバレのシチュエーションで、ジェリコがオカダを襲うとは考え辛いのです。

過去のジェリコの襲撃パターンについては、こちらをご覧ください。

 

ジェリコの襲撃を振り返ると、予想外のタイミングが多く、常にサプライズで話題を振りまいてきました。

初のIWGP挑戦、初のオカダとの対戦に、刺激的なサプライズを準備していることでしょう。

ただタイトルマッチをする為だけに、新日本に参戦するとは思えません

ジェリコは誰もが予想もしないサプライズを、用意しているのではないでしょうか。

 

 

う一つ、スーパージュニアが始まりうやむやになっている疑問もあります。

『レスリングどんたく』でのIWGPヘビー級の勝者に、次の挑戦者は自分だと主張したジェイが、ジェリコの挑戦表明に食い付かなかったということ

 

実は自身のTwitterで一言だけ呟いていました。

ジェイの呟きは、“分かった”の一言だけ。

世界のスーパースターであるジェリコに、物怖じしてしまったのでしょうか?

 

ここからは私の憶測です。

 

『プロレス統計』さんのブログで、「ジェイとジェリコのシンクロニシティ」という記事があります。

 

ジェイが何かアクションを起こす時は、ジェリコもサプライズを実行しているという、ある意味偶然の一致

 

昔からジェリコが交流のある邪道外道は、今やジェイと同じバレットクラブです。

外道を通じてジェリコとジェイは繋がっているかもしれません。

 

6・5両国国技館で棚橋とジェイがシングルマッチをする意味

 

ジェリコのIWGP挑戦をすんなり受け入れる理由

 

オカダを急襲しなくても、ジェリコが新日本に大きな傷跡を残す方法

 

もしかしたら、ドミニオンのIWGP戦真っただ中に…

ジェイ・ホワイトが介入し、オカダを急襲!

 

つまり、クリス・ジェリコがジェイ・ホワイトと共闘するのではないかと思っています。

 

ジェイはドミニオンでの棚橋のIWGP挑戦表明を阻止するため、事前のシングルマッチで息の根を止めることでしょう。

 

ドミニオンの直前にIWGPヘビーの調印式が行われるとしても、想定外のことは行われないと思っています。

このままでは、何事もなく大阪城ホール大会でオカダとジェリコのタイトルマッチが行われてしまうことでしょう。

ジェリコは更に自分のブランド価値を高めるために、手段を選ぶことはないと思います。

 

すべては宇宙の中心に自分が立つために

 

※あくまで私の憶測です