抗体検査キット確保で新日本プロレスがプロレス興行再開をアピール

雑感




、新日本プロレスの親会社であるブジロードから、報道関係者に向けたプレスリリースを発表しています。

『新日本プロレスの興行、スターダムの興行、劇団飛行船の公演、ブシロードミュージックの音楽ライブなど、すべてのライブイベントについて、事前に選手・出演者全員ならびに密接に関わるスタッフに対し医師による抗体検査を実施いたします』

引用:ブジロード公式HP

 

今年4月に都の衆議院第一議員会館に要望書を提出した際も、自粛による年間契約選手の休業補償と新型コロナウイルス感染症対策に伴う検査キットの早期普及を訴えていました。

 

早速、今回のプレスリリースの内容がニュースに取り上げられ、木谷オーナーも興行再開にゴーサインを出しています。

 

今回の発表でブジロードグループが行う全てのライブイベントでの抗体検査実施を発表しましたが、当面の検査キットの確保ができたということでしょう。

どのくらいの数かは分かりませんが、少なくともスケジュールを発表したG1クライマックスまでのキットは確保できたということかも知れません

 

未だ新日本プロレスからは今回の一件についてコメントはありませんが、多くのファンが下記2点を気にしていると思います。

▪︎いつから興行を再開するのか

▪︎いつ興行再開を発表するのか

 

以前、メイ社長が新日本プロレス公式YouTubeチャンネルでロードマップを発表した際は、無観客の道場マッチ開催の可能性と有観客は5割の動員から始めることを公言していました

政府発表のイベント開催へ向けてのガイドラインでは、プロスポーツの有観客実施は7月10日以降に設定しています。

ブジロードの発表のタイミングを考えると、新日本プロレスの興行再開は無観客から始めるものと予想できます。

 

新日本プロレスは「Togetherプロジェクト」と題して、様々なコンテンツをNJPW WORLDにて配信してきました。

現在の配信予定は今週末である6月6日(土)のテレプロレスリング「BEST OF THE SUPER Jr. 珠玉の優勝決定戦編」のみです。

恐らく、次のテレプロの配信で無観客試合開催の予定や、来週末開催予定だったドミニオンに付いての発表があると思われます

 

あくまで予想ですが、そんな発表あっても不思議ではないタイミングでしょう。

NJPW WORLD公式Twitterアカウントは、今回のブジロードのプレスリリースのニュースをリツイートしています

新日本プロレスの公式Twitterアカウントは、全く反応していないのにも関わらずです。(6月4日 8時00分現在)

そろそろ痺れを切らしたファンも多いでしょう。

トランキーロな内藤哲也でさえ、不安を覚えています。

 

今週末のテレプロで、興行再開のアナウンスがあるのかないのか…

楽しみにスタンバイしたいと思います。