オカダとジェイが薄氷の勝利!オスプレイはコブに敗北で一歩後退

オカダ・カズチカ【撮影:koba】
真夏の祭典『 G1 CLIMAX 』




Pocket

った一つの椅子を争い、10人のレスラーが競い合った10・13浜松大会。

勝点10でG1クライマックスAブロックのトップを走るのはご覧の4人です。

▪︎飯伏幸太

▪︎オカダカズチカ

▪︎ウィル・オスプレイ

▪︎ジェイ・ホワイト

 

同率2位の選手とは勝点差が4つ離れていることから、残り6選手の優勝決定戦進出は限りなくゼロに近いでしょう。

それでも最後まで全力で闘い抜くのが、G1クライマックスに出場した誇り高き選手達です。

 

長かったリーグ戦も残り2試合となりました。

満身創痍の状態でしょうが、目の前の相手は気を抜いたらやられてしまう猛者ばかり。

特にセミファイナルのジェイ・ホワイト vs 鈴木みのる、メインイベントのオカダカズチカ vs 石井智宏はタイトルマッチ級の好カードとなりました。

勝点を落とす訳にはいかない状況で立ちはだかる猛者の前に、オカダとジェイは勝点を積み上げることができたのか…

 

第2試合、オスプレイはツアー・オブ・ジ・アイランドを喰らい痛恨の敗戦。

第3試合、裕二郎との接戦を制しカミゴェで勝利。

第4試合、◯◯式の攻防を制したタイチがブラックメフィストで鷹木から勝利。

第5試合、鈴木みのるの猛攻に絶体絶命のピンチも、外道がレフリーの足を掴んでいる隙にローブローでジェイの勝利。

第6試合、石井が様々な引き出しを開けるも最後はマネークリップでオカダの勝利。

 

リーグ8戦目の浜松大会が終わった結果、上記4人の勝点はご覧のようになりました。

勝点12 ジェイ・ホワイト、飯伏幸太、オカダカズチカ
勝点10 ウィル・オスプレイ

 

勝点12で3人が並ぶも、直接対決でオカダと飯伏に勝利しているジェイが有利な状況に。

残る公式戦はあと1試合。

泣いても笑ってもあと一戦でAブロック代表が決まります。

最新の星取表はこちら