ゴールデン☆ラヴァーズ イズ ファイン?G☆Lに生まれた綻び

雑感




3・25ロス大会のゴールデン☆ラヴァーズ vs ヤングバックスに、感動し涙したファンも多いでしょう。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

十年来の親友であるケニーとヤングバックスは、どちらが世界一のタッグチームであるかを証明するために闘いました。

試合を通して複雑な心境で闘うケニーとヤングバックスの3人。

技を躊躇することも多く、普段とは違うペースでの試合運びに、通常ならあり得ない連携ミスも起きました。

この一戦で年間ベストバウトを目論んでいたケニーとしても、終わってみれば納得いかないクオリティだったと思います。

試合後ケニーが握手を求めるも、マットはそれを拒否し2人の溝が埋まることはありませんでした。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

この試合の前日談と後日談はBeing The Elite Ep98で語られており、具体的な内容は『ホーホケキョ。』さんのブログで翻訳されています。

ヤングバックス分裂か?コーディはますます苦境に…Being The Elite Ep98【海外の反応】

 

 

Being The Eliteを見て、さらに今後の展開が気になる方も多いでしょう。

しかし、この試合展開に異議を唱える男がいます。

 

それは試合に出ていた張本人…

 

飯伏幸太

 

引用:飯伏幸太Twitter

 

『試合か始まったら試合を全力でしてほしい』とは、盟友ケニー・オメガのことでしょう。

急遽組まれた試合ではないのだから、気持ちを整理して試合に望んで欲しかったというのが、飯伏の本音です。

ここに来て飯伏のプロレス観とケニーのプロレス観に、差異が生まれました。

当初の計画通りなら、G☆LとしてIWGPタッグのベルトを目指す展開になるはずです。

しかし、試合を重ねれば重ねるほど、小さな綻びは大きくなるのではないでしょうか。

 

そんなプロレス観の違いを感じるのは、飯伏だけではないはずです。

G☆L再結成は喜ばしく、そして魅力的なチームですが、“ザ・クリーナー”の時のケニーが見れなく寂しさを感じているファンも多くいます。

 

今後もまだまだバレットクラブの内紛は続くでしょう。

その都度、codyが良からぬ企みをするはずです。

しかし注目すべきは、ケニー&飯伏の相手が誰になるのかということ。

バレットクラブの他のメンバーと闘うこともあるでしょう。

最終的には…

 

ゴールデン☆ラヴァーズ vs cody&マット・ジャクソン

 

なんてカードが組まれる予感がします。

 

そしてcodyを追放し、以前のバレットクラブの関係に戻るかもしれません。

でもその時は…

 

飯伏とケニーが、別々の道を歩む時だと思います。