新日本プロレスの大会再開はNEW JAPAN CUPから!日程と対戦カード発表

NEW JAPAN CUP




発表となった、新日本プロレスの大会再開スケジュール

ファンのみならず、多くのプロレス関係者も注目していたことでしょう。

 

他団体に比べ遅れを取った一歩となりましたが、インパクトのある大きな一歩となりました。

会見の内容について触れる前に、興行再開にあたり重要な情報がオープンになるかどうかまとめてみました。

①無観客試合はいつからどんな日程で開催されるのか

②出場メンバーと対戦カードの発表の有無

③すべてのレスラーの安否

④タイトルの防衛期限問題

⑤ライブ配信か収録マッチか

⑥有観客大会の再開スケジュール

⑦チケットはいつから販売されるのか

⑧選手及びスタッフが新型ウイルス発症時の対処法

 

既にDDTが6月からの有観客興行開催を発表し、プロレスリング・ノアも7月からの有観客開催を予定しています。

まずは無観客試合から始めるだろう新日本が、どんな大会再開予定を発表したのか。

以下はオンライン会見の内容になります。

 

菅林会長で始まった会見ですが先週から選手・スタッフの抗体検査を行い、やっと試合ができる準備が整ったとのこと。

無観客試合の開催は6月15日から始まり、全11大会の予定を発表しました

これは約110日振りの大会再開です。

 

6月15日は「Together Project Special」と題して、今までのプロジェクトの集大成の大会を開催するそうです。

対戦カード及び出場選手は、試合開始19時からリングアナウンサーによって発表になります

 

6月16日~7月3日までは「NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020」と題してニュージャパンカップ(以下NJP)が開催されます

6・16NJC2020 1回戦
真壁刀義 vs 辻陽太
石井智宏 vs エル・デスペラード
矢野通 vs 邪道
本間朋晃 vs 高橋ヒロム
スペシャルマッチ1試合開催
6・17NJC2020 1回戦
オカダカズチカ vs 外道
永田裕志 vs 鈴木みのる
上村優也 vs 金丸義信
ゲイブリエル・キッド vs 石森太二
スペシャルマッチ1試合開催
6・22NJC2020 1回戦
棚橋弘至 vs タイチ
飯伏幸太 vs ザック・セイバーJr.
田口隆祐 vs SANADA
SHO vs 鷹木信悟
スペシャルマッチ1試合開催
6・23NJC2020 1回戦
天山広吉 vs YOSHI-HASHI
YOH vs BUSHI
小島聡 vs EVIL
後藤洋央紀 vs 高橋裕二郎
スペシャルマッチ1試合開催

 

総勢32人のトーナメント組合せは、ご覧の通りになりました。

 

2回戦は6月24日(水)と7月1日(水)、共に4試合づつとスペシャルマッチ1試合の開催。

7月2日(木)に準々決勝4試合とスペシャルマッチ1試合が開催

7月3日(金)に準決勝2試合とスペシャルマッチ1試合が開催となります。

ここまでは無観客試合での開催です

 

そして、NJC決勝戦の舞台はなんと…

7・11大阪城ホール

 

翌日も大阪城ホール大会を開催し、なんと二冠戦が行われると発表されました。

「二冠王者の内藤哲也 vs NJC2020優勝者」

 

今大会は6・14大阪城ホール大会の延期分として開催され、通常の3分の1程度の有観客興行を開催するということです

 

ここで一つ残念なお知らせ。

7月に予定していた北海道シリーズはすべて中止と発表されました。

7月13日以降の予定は、今後の情勢を考慮して発表されるとのことです。

また、来場する際のコロナ対策については新日本プロレスの公式HPにてアナウンスがあるということなので、大阪城ホール大会2連戦に参加予定の方は事前のチェックをお願いします。

 

残念ながら外国人選手の出場は殆どありませんでした

今の状況を考えれば妥当でしょう。

今回のNJCにエントリーされなかった選手達は、ご覧の通りです。

 

【新日本プロレス本隊】

ジュース・ロビンソン、デビッド・フィンレー、トーア・ヘナーレ、タイガー・マスク

【CHAOS】

ウィル・オスプレイ 、マイキー・ニコルス、ロッキー・ロメロ、ロビー・イーグルス

【鈴木軍】

DOUKI

【BULLET CLUB】

エル・ファンタズモ、KENTA、ジェイ ・ホワイト、タマ・トンガ、タンガ・ロア、チェーズ・オーエンズ、バッドラック・ファレ、ヒクレオ

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】

内藤哲也

【LA DOJO】

アレックス・コグリン、カール・フレドリックス、クラーク・コナーズ

 

予想外のNJC開催となり、ジュニアヘビー級とヘビー級混合のトーナメントとなり、想像の斜め上を行く発表となりました。

色々と知りたい情報はありましたが、今は情報が多すぎて整理するのでいっぱいな状態です。

 

遂に新日本プロレスの無観客試合・有観客興行が動き出します。

どんな試合になるのか、どんな会場で行われるのか楽しみは尽きません。

当面、今まで通りの通常興行はできないかも知れませんが、今後の新日本プロレスの反撃に期待で胸が膨らむばかりです。