棚橋は大丈夫なのか!?フィンレーのファインプレーとは

雑感



4・24後楽園ホールでのメインイベント。

IWGP USヘビー級選手権

デビッド・フィンレー vs ジェイ・ホワイト

 

始めてのメインイベントにして、シングル初のタイトルマッチに挑むフィンレー。

実は試合が始まる前から、絶対ベストバウトになると確信を持っていました。

なぜ、確信を持てたのか?

 

理由は前日のタッグマッチにあります。

 

この日の6人タッグマッチは、IWGPヘビーとUSヘビーの前哨戦。

オカダと相見えた直後は棚橋が優勢に進めましたが、オカダのドロップキックがカウンターで入ると、すかさずツームストンパイルドライバーを仕掛けます。

そして試合中盤にもかかわらず、このツームストンが決まってしました。

そのままレインメーカーを狙うオカダに、フィンレーがカウンターのドロップキックで棚橋を助けます。

倒れたままの棚橋をコーナーまで引きずり、無理矢理タッチ。

ジェイとの攻防を制しジャーマンスープレックスホイップで蹴散らした後、変わったばかりの外道をプリマノクタで秒殺しました。

 

この試合でフィンレーで見せた機転が利いた動きは、もう一流のレスラーと言えます。

では、機転が利いた動きとはどこだったのか?

 

1.棚橋に対するレインメーカーをドロップキックで阻止

ツームストンをくらった棚橋を見て、すぐ異変に気付いたのでしょう。

レインメーカーに対しただカットに入るだけではなく、ドロップキックでダメージと距離を作り、棚橋を自陣コーナーへ連れてくることに成功しました。

もし、あの瞬間カットに入らなければ、まともにレインメーカーをくらっていたことでしょう。

 

2.外道をプリマノクタで秒殺

ジェイから変わったばかりの外道に、プリマノクタをくらわせたときは、正直驚きました。

今思えば、大ダメージを負った棚橋の為にも、1秒でも早く試合を終わらせる為の判断だったのでしょう。

 

この機転の利かせ方、リング全体を把握できる冷静さがなければ、ここまで狙い通りに進まなかったでしょう。

この状況判断に気付いた時、翌日のタイトルマッチは期待大だと確信しました。

 

それはさておき、心配なのは棚橋です。

実はフィンレーとタッチしてから試合が終わるまで、ずっと場外で立ち上がることができませんでした。

おそらくオカダのツームストンで脳震とうを起こしていたのでしょう。

もし、あのままオカダのレインメーカーを食らっていたら…

 

翌日の6人タッグマッチでも、前日のダメージが残っていたのか動きに精細がありません。

結局2日連続、ツームストンをくらってしまいます。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

試合後のコメントは、まさかの弱気発言。

棚橋『手も足も出ねぇよ……』

引用:新日本プロレス

 

試合内容とコメントを見る限り、完全に本音でしょう。

ただ、期待を持てぬまま前哨戦を終わらす訳にはいきません。

どんな手を使うのか、どんな技を使うのか想像は付きませんが、名誉挽回するなら…

 

4・27広島大会

出典:新日本プロレスリング:HP

 

この日、NEVER無差別級選手権を差し置いてメインを飾る、スペシャルタッグマッチ。

オカダを逆KOするぐらいの、気迫と奥の手が必要となるでしょう。

今のままなら、あまりに希望がなさ過ぎる気がします…

5・4レスリングどんたくを盛り上げるためにも、広島大会では棚橋のマイクパフォーマンスが必要です。