どうなる火の国!?鈴木みのるvs内藤哲也の結末は…

IWGPインターコンチネンタル選手権試合



遂にレスリング火の国、熊本大会当日の日を迎えました。

注目度で言えば、レスリングどんたく福岡大会と同等か、それ以上とも言えます。

この日の対戦カードのメインは、鈴木軍vsロスインゴで、その中でも最も期待されているカードが…

 

IWGPインターコンチネンタル選手権

鈴木みのる vs 内藤哲也

出典:新日本プロレスリング:HP

 

正直、去年までは実現しないカードだと思ってました。

それが何度も前哨戦を重ね、毎試合バックステージやリング上での舌戦を繰り広げ、ここまで煽ったタイトルマッチが実現することは、もはや期待しかありません。

 

あとは結末がどうなるか。

幾度もの前哨戦や舌戦で、2人がどうしたいのかははっきり見えています。

 

1.鈴木みのるの考え

 

完膚なきまでに潰したい

 

内藤を試合で潰すことにより、内藤の発言はすべてまやかしだったと証明したいことでしょう。

プロレス界の王を侮辱した罪は重いということを、内藤は自らの肉体で体感することになりそうです。

 

鈴木みのるの目的は、内藤を壊すこと。

 

つまり…

介入無しで闘うということ

 

今年のタイトルマッチは全て介入無しで闘いました。

介入をするということは勝つことが目的だから。

逆に、介入がないということは壊すことが目的だから。

介入がない時のみのるの怖さは、誰もが知っていることでしょう。

内藤が負けるようなら、怪我による欠場は免れないです。

 

 

2.内藤哲也の考え

 

鈴木み…いや、王様を…

裸の王様にしたい

 

前哨戦で何度も言ってる通り、王様からベルトを奪うことが目的です。

ベルトを失った鈴木みのるがどう見えるのか、鈴木軍の序列がどうなってしまうのか、楽しみで仕方ないのでしょう。

 

内藤の目的は鈴木みのるに勝つこと。

 

つまり…

手段は選ばない

 

私の予想では、ロスインゴメンバーの介入もありえると思っています。

介入なしの真剣勝負で失うものが多いのは、内藤哲也です。

逆に言えば、勝つことが重要。

 

内藤の目的は鈴木みのるからベルトを奪うことなのだから、自分の力だけで勝つ必要はありません。

ということは、スペシャルシングルマッチの結果も重要になってきます。

BUSHIと高橋ヒロムが、デスペラードと金丸義信に勝つ、もしくはダメージ少なく負ける必要があります。

いずれにしても、どの一戦も目が離せません。

 

メインイベントの試合終了後に、リングを占拠するのは…

 

鈴木軍か…

出典:新日本プロレスリング:HP

 

それとも

 

ロスインゴか…

出典:新日本プロレスリング:HP

 

答えは勿論…