EVILが内藤哲也を助けた理由と後楽園での違和感

出典:新日本プロレスリング:HP
IWGPインターコンチネンタル選手権試合




6・9大阪城ホール“ドミニオン”でのIWGPインターコンチネンタル選手権

 

内藤哲也 vs クリス・ジェリコ

 

出典:新日本プロレスリング:HP

 

ゴング前からジェリコが奇襲を仕掛け、まだスーツ姿の内藤はかなり激しいラフファイトでダメージを負います。

内藤も同様に反撃を試みましたが、目を怪我するアクシデントにより、片目は殆ど見えていない状態。

そして、雪崩式フランケンシュタイナーをパイルドライバー式に落とされたことによる首へのダメージ。

クリス・ジェリコと闘うということの過酷さを、改めて感じた試合です。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

それでもあと一歩のところまで追い込んだ内藤ですが、ジェリコがレフリーを突き飛ばし急所攻撃から3カウントを奪いました。

 

この瞬間、クリス・ジェリコがインターコンチの新チャンピオンに。

 

王者になったジェリコの攻撃はまだ続きます。

試合後も内藤に執拗に痛め付けるジェリコ。

堪らず助けに来たのは、ロスインゴメンバーの…

 

EVIL

出典:新日本プロレスリング:HP

 

 

内藤を救いジェリコを追い払ったEVILは、インターコンチの次の挑戦者となるのでしょうか?

 

 

話しは少し遡りますが、BOSJでEVILの反応に違和感を感じるシーンがありました。

 

優勝した高橋ヒロムの元へ、ロスインゴのメンバーがリングに集まった場面。

上目遣いの多いEVILが、あさっての方ばかり見ていたのです。

5人揃っての写真撮影時もしかめっ面。

そして、誰よりも早々に立ち去るEVIL。

 

もしかしたら…

 

涙を堪えていた

 

これが後楽園でEVILを観察して感じていた違和感の正体。

 

ヒロムとEVILの関係性、そしてEVILがEVILになる前のレスラー人生は、敢えてここでは言いません。

ただ、ヒロムのBOSJ制覇に喜びを感じ、感極まったんだと思います。

少なくとも私には、EVILが涙をこらえている様に見えました。

 

そして、EVILに目ばえた感情…

 

次は俺の番だ

 

 

過去のジェリコの試合は、2試合ともジェリコ側から喧嘩を売ってカードが組まれています。

内藤を救ったEVILですが、まだ挑戦が決まった訳ではありません。

継続的な参戦表明を公言したクリス・ジェリコは、再び後楽園に現れるのか。

何が起きるか予測不能ですが、そこでEVILがアピールできればジェリコのリストに載るかもしれない。

もしEVILがチャンスを得るなら、その舞台は7・7サンフランシスコ大会となることでしょう。

 

日本のプロレス界を席巻する内藤哲也

新日ジュニアの新リーダーになった高橋ヒロム

オカダを降し新チャンピオンとなったケニー・オメガ

 

EVILの決意をどんな形で目の当たりのできるのか?

 

次は俺の番だ