高橋ヒロムの近況報告とハロルド社長への提案

出典:新日本プロレスリング:HP
雑感



新日本プロレスの新社長、ハロルド・メイ社長の無料コラム『ハロルドの部屋』の存在をご存知でしょうか?

https://sp.njpw.jp/freediary/harold-george-meij08

 

SNSを活用する新日ファンの方なら、コラムを読みメイ社長に期待しているファンも多いでしょう。

 

そんな『ハロルドの部屋』の最新コラムで、現在負傷欠場中の高橋ヒロム選手の近況報告をしています。

メイ社長の報告を箇条書きでまとめると…

 

・高橋ヒロムは現在入院中

・病院の許可を得て大型テレビとファイヤースティックTVをプレゼント

・最低でも2回目のお見舞い

・負傷した首以外は元気

 

このコラムを読んだ限りは、まだまだ入院生活は続くんだろうなということ。

残念ながら、10月、11月のビッグマッチは間に合わないかもしれません。

しかし、首のケガは生命に関わるケガなので、ゆっくり休み完治した状態で復帰してもらいたいです。

 

 

ここで気になるのが…

ヒロムが所有するIWGPジュニアヘビーのベルトの処遇

 

昨年ベースで防衛戦を考えると、9月の広島大会、10月の両国で防衛戦を行なっています。

焦らない為にも当分タイトルマッチを行わないのか、もしくはベルトを返上してゆっくり治療に専念してもらう。

私の意見は後者です。

一旦ベルトは手放した方が、焦る気持ちは少なくなると思っています。

(長期離脱ならいずれにしても返還)

 

 

ここからはメイ社長への提案です。

 

新日本のジュニアを盛り上げる為、高橋ヒロムはベスト・オブ・ザ・スーパーJr.(以下BOSJ)を優勝し、IWGPジュニアヘビーのベルトを奪取しました。

 

 

ジュニアのベルトを返還しただけでは、これから盛り上がるはずだったヒロムの防衛ロード程、ジュニアを盛り上げることはできません。

 

では、どうするべきか?

 

 IWGPジュニアヘビー級王座決定トーナメントの開催 

 

 

今年9月に、イギリスでブリティッシュJカップというトーナメント大会が開催されています。

昨年から開催されたこのトーナメントには、新日本で活躍する多くのジュニア選手が参戦しました。

 

すなわち、世界にもジュニアの大会の需要があるということ。

 

今年のBOSJの盛り上がりを考えたら、ジュニアのシングルの大会がBOSJだけでは勿体無いと思っています。

今の新日ジュニアを考えたら、参加人数は8人ぐらい。

個人的にはドラゴン・リーや他団体の選手も呼んで、16人のトーナメントができたら理想だと思います。

 

一回戦や準決勝は後楽園や地方の会場で行い、決勝を10・8両国国技館でやるのはどうでしょうか。

11月の大阪大会ではジュニアのタッグトーナメントをやるでしょうから、タイミングとしては9月のブリティッシュJカップ明けしかないかもしれません。

 

 

ヒロム選手が戻って来る前に、ジュニアが盛り上がる種を蒔けるのは…

 

メイ社長、あなたしかいません。