スポンサーリンク
翻訳 translation

アメリカ進出の鍵を握るのは誰?9月にアメリカ大会が行われる意味

カウパレスで行われたUSヘビー級選手権は、声援とブーイングが明確に別れました。

出典:新日本プロレスリング:HP

アメリカ人でありベビーフェイスであるジュース・ロビンソンへの声援。

そして、アメリカ人でないヒールレスラーと化したジェイ・ホワイトへのブーイング。

そもそも、なぜジュースは数多くのチャンスを与えられたのか?

昨年のタイトルマッチ挑戦からG1初出場まで、トントン拍子にチャンスを得ています。

2・5北海道大会(2017)

NEVER無差別級選手権 vs後藤洋央紀

出典:新日本プロレスリング:HP

4・29大分大会(2017)

IWGPインターコンチネンタル選手権 vs内藤哲也

出典:新日本プロレスリング:HP

9・24神戸大会(2017)

USヘビー級選手権 vsケニー・オメガ

出典:新日本プロレスリング:HP

4・27広島大会(2018)

NEVER無差別級選手権 vs後藤洋央紀

出典:新日本プロレスリング:HP

全てはアメリカでタイトルマッチを行う為の、チャンスだったのかもしれません。

では、アメリカ進出成功に欠かせない要素とは何なのでしょうか?

定期的な興行と、アメリカ人が感情移入できる選手

例えばオカダ、棚橋、内藤などアメリカでも人気が高い日本人レスラーは何人かいます。

しかし、毎回彼らにタイトルマッチを行わせることは、コンディションの面で得策とは言えないでしょう。

そこで白羽の矢を立てたのが、ジュース・ロビンソンなのではないでしょうか。

逆にダーティーファイトでファンを挑発するジェイ・ホワイトも、必要不可欠です。

新日本トップレスラーとバレットクラブのメンバーだけでは、アメリカ興行は長続きしません。

例えば日本で人気のある後藤選手でも、アメリカではブーイングを受けてしまいます。

結局、新日本というプロレス団体への期待はあれど、日本人レスラーのことはあまり知らないし、感情移入できないというのが本音でしょう。

そして、9月にロサンゼルスで行われる興行と、11月に行われるライオンズゲートアメリカ版が発表されました。

『ホーホケキョ。海外の反応』さんのブログでもあるように、タイトなスケジュールに行われるこの興行の反響は大きいようです。

ここからは私の憶測です。

9・30ロス大会は、9・23の神戸でのビッグマッチと10・8両国大会の丁度真ん中です。

過密スケジュールと言わないまでも、重要なビッグマッチが沢山控えています。

このロス大会でオカダ、棚橋、内藤のいない興行を試すのではないでしょうか?

この日組まれるだろう対戦カードは…

IWGPヘビー級選手権

ケニー・オメガ vs The Tongans

AND

IWGP USヘビー級選手権

ジュース・ロビンソン vs XXX

そしてイリュミネーションマッチとなる…

バレットクラブ vs The Tongans

普通に考えたら、10月の両国大会でIWGPヘビー級選手権を行います。

しかし、G1で使えなかった1万人規模の両国を埋めるより、今年3度目となるアメリカ単独興行となる5千人規模のウォルターピラミッドを埋める方が、困難なのではないでしょうか?

そして、チャンピオンとなったジュースの相手はどんなヒールレスラーになるのか…

それとも、親友になるのか…

スポンサーリンク