金丸とデスペラードがタッグ戦だけは絶対に負けられない理由

SUPER Jr. TAG LEAGUE



スーパージュニアタッグリーグ公式戦も、残すところあと2試合。

 

BUSHI&鷹木組が勝ったことにより、勝点トップで金丸&デスペラード組に並びました。

あとはリーグ最終戦で、ロッポンギ3Kが勝つかどうか。

そして、3WAYになるかどうかが決まります。

つまり、必然的にリーグ戦のリマッチとなり、BUSHIと鷹木にとってはリベンジのチャンスです。

 

もし、BUSHIと鷹木がジュニアタッグリーグで優勝すれば、金丸&デスペラードが持つIWGPジュニアタッグのベルトへ挑戦することでしょう。

しかし、私はそう簡単にBUSHIと鷹木が優勝できないと思っています。

なぜ、優勝できないのか?

それは…

 

デスペラードには鷹木信悟には負けられない理由があるから

 

レスラーにとって絶対に負けたくない相手が存在します。

ライバルというより、敵視する相手という表現があっているかもしれません。

 

例えばウィル・オスプレイにとっては、マーティー・スカル

BUSHIにとってはKUSHIDA

 

では、デスペラードにとって敵視する相手とは、KUSHIDAでありドラゴン・リーであり、そして…

 

髙橋ヒロム

 

初めてヒロムとシングルで闘った、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア(以下BOSJ)。

この時は、負けられない意地を見せたデスペラードが勝利しました。

 

しかし、今年2度目の対戦となったIWGPジュニアのタイトルマッチは、負けられないヒロムに敗戦を喫してしまいました。

ここまで1勝1敗のイーブンですが、ヒロムからベルトを奪えなかったことはデスペラードにとっては、決してイーブンな結果だったとは思っていないでしょう。

 

だから、タッグでは絶対ヒロムには負けられない

 

負けられない意地を見せたいのは、金丸も同様でしょう。

今年の4・29熊本大会で全面抗争に発展したロスインゴvs鈴木軍は、4戦行って全敗しています。

ヒロムのタイムボムで3カウントを奪われた金丸も、あの屈辱は忘れていないでしょう。

 

現王者の金丸&デスペラードがチャンピオンになったのが、今年の3・6旗揚げ記念日大会。

その間、3回防衛戦をやってきましたが、実に7ヶ月近くベルトを防衛しています。

勿論、その防衛戦の相手にはヒロム&BUSHI組もいました。

 

ヒロムに負けていないデスペラードが、鷹木にパートナーが変わったロスインゴタッグに負ける訳にはいかないんです。

 

大阪で行われる決勝戦まであと3日(10/31現在)。

スーパージュニアタッグリーグはどんな結末を迎えるのか…