髙橋ヒロムとドラゴンリーのファンタスティカマニア2019

“独り言考察”




皆さんにとって“ルチャの祭典”『CMLFANTASTICA MANI 2019』の楽しみ方って何でしょうか?

 

普段見ることのできないルチャドールとNJPWとのコラボ、華麗な飛び技、CMLLバージョンの衣装を着る新日本の選手など、楽しみ方は千差万別です。

開催時期も新年ということもあり、今後の展開を考えずルチャリブレ(スペイン語でプロレスの意)を堪能できるのも魅力ではないでしょうか。

 

今年は本家ロスインゴからテリブレもやってきました。

昨年はルーシュとの抗争で怪我をした小島聡ですが、相手は違えど同じロスインゴのメンバーにリベンジしたいところでしょう。

 

年末に向けての内藤哲也のワールドタッグリーグのパートナー候補として、本家ロスインゴのテリブレがどんな選手かも注目です。

 

そんなファンタスティカマニア(以下ファンマニ)の私の楽しみは、ベストオブザスーパージュニア(以下BOSJ)出場の候補選手探し。

新日本プロレスワールド(ライブ&オンデマンドサービス)ではまだ、1大会しか配信されていませんが、個人的に気になるのがテンプラリオアウダス

※白地に赤の十字のマスクがテンプラリオ

※ゴールドのマスクとゴールドのタイツがアウダス

 

テンプラリオがジュニアに該当するか分かりませんが、BOSJでKUSHIDAが抜ける穴を埋める為に、CMLLから3選手出場しても面白いと思えるルチャドールです。

そう、3人ということはもう1人います。

それは勿論…

 

ドラゴン・リー

 

2年連続BOSJのドラゴンリーですが、最も新日本ファンから愛されるルチャドールの1人です。

実は、昨年8月から3〜4ヶ月テレビ番組に出演し続け、先月の12月末にリングに復帰するまでCMLLのリングに上がることはありませんでした。

恐らくドラゴンリーには、休養が必要だと判断されたのでしょう。

 

昨年7月にサンフランシスコ大会でドラゴンリーと闘った髙橋ヒロムですが、試合中に怪我を負い、現在も欠場が続いています。

その時の対戦相手だったドラゴンリーに、ファンから中傷する言葉が投げられました。

 

どんな試合でもプロレスにおいて怪我のリスクは付き物で、選手達は命懸けで闘っています。

怪我をした選手、怪我をさせてしまった選手、どちらにも非はありません

この試合でヒロムは欠場しなければならない怪我を負い、ドラゴンリーはリングから少し離れる必要がある心の怪我を負ったことでしょう

もしかしたらあの試合を最後に、ドラゴンリーは選手としての時間も、止まってしまったのかもしれません。

 

 

んなドラゴンリーですが、今年もファンタスティカマニアに参加しています。

どんな気持ちで日本に来たのか、新日本のリングで試合をすることに躊躇はないのか…

ファンマニ開催前からそんな不安がありました。

 

実は日本来日前に、地元メディアでインタビューを受けています。

 

スペイン語なのでなんと言っているか分かりませんが、髙橋ヒロムがこのコメントをTwitterでツイートしてくれたおかげで、何を言っているのか分かりました。

※詳しくはリプ欄をご覧ください

 

ここからは髙橋ヒロムとドラゴンリーのTwitterのやり取りです。

リー『Deseo que te recuperes pronto, eres muy fuerte (力瘤の絵文字) te estaré esperando (猫の絵文字)』

(すぐに回復して欲しい、君はとても強い、待っている)

ヒロム『Estoy aquí mirándote.』

(私は君のことを見ている)

 

もしかしたら、あのヒロムのツイートは昨年末のドラゴンリー復帰戦を見に行った、という意味なのかもしれません。

 

髙橋ヒロムは今、復帰に向けトレーニングをしていることでしょう。

できればドラゴンリーが参加するファンマニに、間に合わせたかったはずです。

勿論、ドラゴンリーと闘うため。

 

今回のファンマニで両者の試合は叶いませんでしたが、もしBOSJで対戦することがあれば、私は拍手で迎えたいと思います。

髙橋ヒロムと拳を交えてこそ、ドラゴンリーも止まった時間が動き出すことでしょう。

『言いたいことがある、髙橋ヒロムについて。心から素晴らしい選手だと思っている。そして間違いなくアイツは猫だ。最高のライバルだ。彼の復活を待ってるよ。彼は強い、ウォーリアーだ。メキシコでお前を待っている早く良くなれよ。俺たちの闘いは続くんだ。日本、アメリカ、世界中が俺たちの闘いを待っている。ヒロム、頑張れよ、待っている

引用:新日本プロレス

 

ドラゴンリーはこのファマニで、欠場中のヒロムのことを想い闘っているでしょう。

そしてヒロムも、そんなドラゴンリーを見つめ見守っているはずです。

 

【追記】