黒潮“イケメン”二郎はアメリカの団体に行ってしまうのか?それとも…

雑感




昨日は全く予想だにしないニュースに、ただただ唖然としてしまいました。

 

WRESTLE-1(以下レッスルワン)所属のイケメンこと黒潮“イケメン”二郎が、3月末限りで退団を発表。

レッスルワンを見たことのないプロレスファンでも、イケメンの名前と派手なジャケットを着た出で立ちは見たことがあるでしょう。

 

年齢も26歳と若く、まだまだレッスルワンにいるだろうと思っていました。

近い将来、生の“イケメン”次郎を観に行きたいと計画していたところだったのですが…

 

開かれた記者会見では、今後の予定についてこのように語りました。

『4月4日から一度アメリカに行こうと思っています。それは長期ではなくて、短期ですけど、一度アメリカに行って、アメリカのプロレスをこの目で見て感じて、自分の今後の進路を考えて、黒潮“イケメン”二郎の第2、セカンドステージですか? それをしっかり自分の目で見て考えて決めたいなと思います』

引用:WRESTLE-1公式サイト

 

今後はフリーとなるということですが、一旦ニューヨークに行ってアメリカのプロレスを観たいというイケメン。

 

そして、子供の頃からの夢をこう語りました。

アメリカで一番でかい団体でチャンピオンになりたい

 

このフレーズを聞いたファンは、“ソッチ”の団体を想像したことでしょう。

師匠のTAJIRIのツイートがこんなに早く実現するとは思いもしませんでした。

 

しかし、まだ何も決まっていないことを強調した“イケメン”次郎。

本当に“ソッチ”に行ってしまうのか?

 

本人が『まだ何も決まっていない』と言う通り、海外のSNSでもそのような情報は流れていません。

もし決まっていれば、様々な噂が広がっていることでしょう。

※私が気付いていないだけかもしれません

 

何より気になるのが、“イケメン”次郎のです。

“アメリカで一番でかい団体に入団する”ということではなく、“アメリカで一番でかい団体でチャンピオンになりたい”ということ。

 

アメリカで一番でかい団体でチャンピオンになるには、世界に轟く活躍が必要でしょう。

勿論、ゼロベースからチャンスを掴むことは不可能ではありません。

しかし、世界2位のプロレス団体で実績を作る方が、可能性が高いのではないでしょうか

 

今回の退団会見で、アメリカで一番でかい団体が動くかどうかは分かりません。

ただ、ケニーが副社長を務めるAEWなら“イケメン”次郎を獲得に動く可能性があるのではないでしょうか。

そして、新日本もただ静観することはないと思っています。

あくまで根拠のない憶測ですが…

 

本音を言えばまだ海外に行って欲しくないというのが、正直な気持ちです。

観戦しに行きたいと思っていましたから。

できれば新日本に限らず、フリーという立場を利用して国内の様々な団体に参戦して欲しいと願うばかりです。

 

“イケメン”次郎のレッスルワンラストマッチは、4・3後楽園ホール大会

 

観に行きたいです…